はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




小さな収穫祭4 撤収
ゴーヤさん、小さな収穫祭だ。


9/18


蓮根キンピラに投入したり



9/16



9/14 熟しちゃった☆


スパム、豆腐とチャンプルー


9/12






本日、2017年9月24日、小さいゴーヤさんを収穫して、グリーンカーテンを撤収した。終了。

9/24 



ふと見ると、キンモクセイが咲いていた。




秋だねぇ・・・。衣替えしないとなぁ。昨日、夏らしい服装で新宿へ行ったら、街を歩く皆様は完全に秋服であった。暑かったけどねぇ。沈

まさき稲荷
9月中旬頃、西川口付近を自転車で通過した時に、検索して発見した神社。


まさき稲荷社
不動産関連会社が管理しているっぽい、小さな神社だ。








剣神社
ごく普通の民家に組み込まれた感じ。他人の家の庭に勝手に入り込んでいるみたい。拝殿は鍵がかかっていて、「インターホンを押してください」と書いてあったが、そのまま退散した。






神道系新宗教教団なのかな。


奥田民生になりたいボーイ
映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を観た。あらすじ:「愛のために」「イージュー★ライダー」「さすらい」など数多くのヒット曲を世に送りだしてきた奥田民生を敬愛する35歳の編集者コーロキ・ユウジ(妻夫木聡)は、ライフスタイル雑誌の編集部に異動することに。不慣れな環境に苦労しながらも日々奮闘していたある日、仕事で出会った天海あかり(水原希子)を好きになる。それ以来彼女にふさわしい男になろうと仕事に打ち込み、デートの時も一生懸命頑張っていたが、何をやっても空回りしてしまい……(シネマトゥディ)。



奥田民生の音楽は流れ続けるが、ストーリーには余り関係無かった気がした。猫好きで面倒くさいコラムニスト・安藤サクラ、バブルおばさんみたいな天海祐希、絶対裏があるよなと思わせる松尾スズキ・・・各々のキャラは面白いんだけど、作品としてはそれほど面白く無かったかなぁ。水○希子は、ツンデレ振りは面白かったが、余り可愛くないのが致命的。彼女の事が可愛いと思えるなら、この作品を楽しめるのでは。


公開して間もないと言うのに、広ーい劇場に驚くほどの不入りであった。
荏原神社
9月上旬頃、品川神社にてお参りした後、少し離れた所に鎮座している荏原神社でお参りした。



荏原神社は、古くから貴船社・天王社・貴布禰大明神・品川大明神と称されていたが、旧荏原郡(品川、大田、目黒、世田谷)のエリアで最も由緒のある神社であるとされたことから、1875(明治8)年に荏原神社と改められた。北品川にある神社のうち、荏原神社は「南の天王」と呼ばれる。ちなみに品川には2つ天王社があり、もうひとつが品川神社で「北の天王」と呼ばれている。

昔から勝運や学問・商売繁盛・交通安全・家内安全・恋等にご利益があるとされ、年間を通じて参拝客が多い。また東海七福神の中の1社でもあり、恵比須様も祀られている(東京湾岸スタイル)。



入口に鎮座している恵比須様





木造の渋い鳥居


拝殿



子の位置とか、面白い造りの狛犬さん




よく見るとかなり凝っている彫刻



目の前を流れる目黒川に架かる鎮守橋




涼しい時期なら、品川駅から歩いて行けそうだけどな。こんなに近い距離で、二つの神社に守られているとは、かなりパワーがありそうな地域だな。

品川神社
9月上旬頃、京急新馬場駅近くに鎮座している品川神社(北の天王社)でお参りした。


後鳥羽天皇の御世、文治三年(1187年)に、源頼朝が海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である、天比理乃?命を勧請して、品川大明神と称し、今は社名を品川神社と改めた。御祭神は、天比理乃命(あめのひりのめのみこと)、宇賀之売命(うがのめのみこと)素盞嗚尊(すさのおのみこと)(東京都神社庁)。




入口に鎮座している東海七福神の大黒天




龍が巻き付いている


怖いくらい急な傾斜の階段



拝殿 力強い佇まいだ。






敷地内にある浅間神社


凛々しい狛犬の台座には富士山が描かれている







一粒万倍の泉
阿那稲荷神社にあるパワースポット。この泉の水でお金や印鑑を洗うと一粒が万倍に増えるとか。この日は、蚊がたくさん飛んでいて、全く集中出来なかった。








あちこち神社を巡っていて、富士塚がある事は珍しくないんだなと思っていたが、ここの富士塚はかなり本格的だった。高所が苦手なので、道路に面しているスッカスカの高さが怖くて、頂上で撮影する事が出来なかった。



足神様 猿田彦神




七福神
見ているだけでご利益がありそうで、ついつい撮影してしまう。



他にもいろいろと見所満載であった。これで東京十社、全てお参り出来た。

夏ドラマ 軽い

フジ月21 「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」

今回がTHIRD SEASON だそうだが、初めて見た。うーん・・・なんとなくストーリーが軽かったかな。山Pは、声が小さくて台詞が聞き取れない事が何度もあった。他の演者の声は普通に聞きとれるのに。映画化されるようなので、その時は、大物ゲストとか登場するのかな。

夏ドラマ 続きは・・・
夏ドラマは、いくつか見た。そろそろ最終話だな。



TBS 金22時 ハロー張りネズミ 

途中、蒼井優が再び登場したりして、盛り上がった。キャストのバランスが良かったし、ストーリーもそこそこ泣けそうだったり(泣いてないけど)、笑えたり、おバカだったり、金曜の夜には合っていたような。金曜の夜に見た事は無かったけど(^^;





テレ東 金20 警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜

このドラマ、好きだったなぁ。小泉孝太郎のテンションが笑える。松下由樹のおばさんキャラもぴったり。方言丸出しの捜査官も好きだった。SEASON1も見てみたい♪






日テレ 土22 ウチの夫は仕事ができない


大ヒットドラマ「逃げ恥」テイスト満載で、ストーリーは違うけど、雰囲気はまんま。内容は、薄かった。。







TBS 日21 ごめん、愛してる

病人、ケガ人、障がい者、親に捨てられた人、親を恨んでいる人、不幸な人のオンパレード過ぎて、逆に泣けない、心が震える感じでもない。K国ドラマの特徴。

毎回、ドラマの最後に流れる宇多田ヒカルの歌が良いから、なんとなく、クオリティ高い雰囲気になるけど、それは、宇多田ヒカルの歌が良いだけかな。最終話で、長瀬が「ごめん、愛してる」って言った時には、笑ってしまった。すまん。。最後、大竹しのぶがヘタに感情を露にせず、静かに終わったのが、とても日本的だと思った。





日テレ 日22.30 愛してたって、秘密はある

この家って、こんなに頻繁に誰かに侵入されちゃうって、ないだろう・・・と思った時に、まさかの多重人格ネタか?と疑っていたが、やはりそうだった。途中で、もう少し「サク」を登場させていれば、面白かったかも。とか思っていたら、続きがあるのかー。しかも有料サイト、なんだそれ。続きはもう見ない。





番外:「過保護のカホコ」は、飛び飛びで何回か見たけど、「カホコがカホコがカホコが・・・」ってしつこくて・・・。脱落。

ナガノパープル
収穫の秋。近頃、色々な葡萄を楽しんでいる。

今朝は「ナガノパープル」を食してみた。皮ごと食せる種無し巨峰みたいな感じだけど、巨峰より果肉の弾力が凄い(◎_◎)!!芳醇☆


12,3粒で245円也。



こんな風に、小分けにして販売してくれるとありがたいSMILY

須賀神社
8月末、出勤前に東京・四谷に鎮座する須賀神社でお参りした。


須賀神社は江戸初期より四谷の地に鎮座する、四谷十八ヵ町の鎮守様です。毎年六月に行われる御祭礼は、古くは四谷の「天王祭り」といわれ、江戸の五大祭りの一つとして有名でありました。社名の須賀とは、須佐之男命が出雲の国の簸の川上に、八俣の大蛇を討ち平らげ拾い「吾れ此の地に来たりて心須賀、須賀し」と宣り給いて、宮居を占め給いし故事に基づき名付けられた名称です(公式サイト)。


とっても美しい神社であった。













神社敷地内の階段からの風景が、映画「君の名は」に登場することで聖地化しているそうだ。





三度目の殺人
映画「三度目の殺人」を観た。あらすじ:勝つことにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある男・三隅(役所広司)の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく(映画.com)。



結末がはっきりしない系、自分で考えてと言う作品だ。鑑賞後、MOVIX川口から自宅迄、約6kmの道のりを歩きながら、いろいろと考えたが、考えさせる事で深い話のような雰囲気を醸し出しているけど、余り深くないような気がしてきた。(以下ネタバレあり)

続きを読む >>