はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




スパイダーマン:ホームカミング
映画「スパイダーマン:ホームカミング」を観た。あらすじ:15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……(シネマトゥディ)。



うーん・・・なんか違ったな。夏休み特別版みたいな感じかな。長いし、所々何度も眠ってしまった。ピーターの友人、デブのネッドのウザい感じは好きだった。あんな感じの子って、いるよな。
タイ〜仏の国の輝き〜
東京国立博物館にて開催されている『日タイ修好130周年記念特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」』へ行って来た。



今年(2017年)は日タイ修好130周年にあたります。この節目の年に修好記念事業として展覧会を開催します。タイでは、仏教は人々の暮らしに寄り添う大きな存在であり、長い歴史のなかで多様な仏教文化が花開きました。本展では仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化をご覧いただきます。また、日本とタイの交流史についても合わせて紹介します(公式サイト)。


百数十点の仏像等をゆっくりと時間をかけて鑑賞した。こんな感じの美術展で、作品について書かれていた説明文を全て読んだのは、初めてだったかも。タイ仏教美術の世界を満喫したSMILY



チケット



撮影は禁止だったが、この「ラーマ2世王作の大扉」だけ撮影可だった。


細か〜い彫刻をよくよく見るといろいろな動物がいるらしい。







東京国立博物館に足を踏み入れたのは、初めてかな・・・。



歩きにくいレインブーツを履いてなかったら、常設展も見たかったが、疲れてしまって断念した。
レインブーツ
昨日、大雨が降ったら嫌だなと思って、いまいち歩きにくいレインブーツを履いて出かけた。それでも、頑張ってあちこち歩き回った。今日は、超筋肉痛だ(*_*) やっぱり歩きやすいレインブーツを探そうかな・・・。



だって、このレインブーツ、四半世紀前くらいに買ったもの。1年に数回しか履かないから、劣化しないんだよなf^^;
小さな収穫祭2
小さいゴーヤさん、収穫祭パート2☆


8/3


麻婆もやしにのっけたり、


8/5


8/6 小さいと思って油断していると熟してしまう


8/7



麻婆豆腐にちらしたり、麻婆○○と相性が良い


8/9


8/11 に収穫した




いろんな料理に投入したけど、似たりよったりなので、写真は省略(^^;
これで、7月中に咲いた雌花の収穫は終了。


まだまだグリーンカーテンは元気だけど、収穫は微妙かなぁ・・・。


美味しい水
雨ばかり降っていて、嫌になるな。。



今月は、毎日の水分補給の為に、
奥大山の天然水(550ml)を48本買った。


ひとくち、飲んで
あ、この水 美味しい・・・
と言う水であった。


でも今朝は、無印で入手した、
ローズヒップ&ザクロのティーパッグを投入してみた。




真っ赤で美しくて、これも美味しい♪





先月、水分補給用に48本買った
「い○はす」は、美味しくなかったわ。。

草加神社
7月下旬頃、鷲宮神社でお参りした帰り道、草加神社でお参りした。東武伊勢崎線草加駅から徒歩数分に鎮座している。


旧称氷川神社。武蔵一の宮大宮氷川神社から分霊しまつったことに始まる。1909年(明治42年)草加の町にある11社を合祀したことに伴い草加神社と社号を改称した。本殿は市指定文化財(観光サイト)。











細かい彫刻が施された本殿。



普通の遊歩道みたいな所と一体化した公園のような所に鎮座しているが、とてもきちんとした雰囲気であった。
君の膵臓をたべたい
映画「君の膵臓をたべたい」を観た。あらすじ:高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……(シネマトゥディ)。





斬新なタイトルの原作は未読。主役の女子の演技が、昔の南○陽子っぽくて、「こらこら、そんな難しい顔をするな!」とか言ったりで、そのうち、おしおきたぞ!って言うかなとか、余計な事を考えてしまって、いまひとつ世界に入る事が出来ない。とても若いのに、頑張ったとは思うんだけど。相手役の「僕」は、静かな高校生男子を上手く演じたと思う。


ストーリーの結末は、うーん・・・。そう来たのかって感じだが、逆に安っぽくなってしまったような。最後の手紙もまた、うーん・・・。もっと何かあるのかなと期待してしまった。劇場内、泣いている人がたくさんいた。高校時代と現代を行ったり来たりするタイミングは上手かったと思う。ラストに流れる音楽はミ○チルより、もう少し若いミュージシャンの方が合っていたかな。

三太郎の日
au三太郎の日。前回8月3日は、ミスド大行列で断念したが、今回は無事買えた。auクーポンは280円、それを超えた分は自分で支払いしてねって言う仕組みだ。

ココナツチョコ、フランクパイ、オールドファッションシナモン(多分そんな名称)






ミスドのドーナツ、食したのは何年振りだろうか・・・。



夏ドラマ 熱演
今期、夏ドラマの感想は書いてなかったけど、いろいろと見ている。




TBS 金22時 ハロー張りネズミ 5話 

あらすじ:北村家に巻き起こる怪奇現象について調べるゴロー(瑛太)と河合(蒼井優)。河合曰く、和室にある床柱から霊気があふれており、それが発端となっているという。一方、同じく床柱について調べていたグレ(森田剛)は、北村(内田慈)の別れた旦那に話を聞きにいく。聞けば、あの床柱は旦那のお気に入りで、わざわざ辺境の地から取り寄せたものだという。それを聞いたゴローと河合は、さっそくその場所を訪れ、調査を開始する。すると、その床柱は、ある祈祷師の怨念がつまったものだと知り…(公式)。



これは、連ドラとは思えない程、気合の入った作品だったと思う。いろいろ凄過ぎて、逆に笑ってしまった。役者さんたちの熱演に感動したわ。ここ数年では、最高だったと思う。スマホのアプリ鑑賞でも笑えたから、普通に大きな画面のTVで見ればよかった。次回も楽しみだ♪♪

鷲宮神社
7月下旬頃、鷲宮神社でお参りした。東武伊勢崎線鷲宮駅から、徒歩7,8分くらいかな。関東最古と言われているだけあって、敷地内に足を踏み入れた時、思わず「おぉ・・・!」と声を出してしまう程、重厚で厳かな雰囲気であった。




鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)とは、埼玉県久喜市鷲宮1丁目に鎮座する神社であります。関東最古の大社といわれております。お酉様の本社とされ天穂日命とその子の武夷鳥命、及び大己貴命を祭神とします。鎌倉時代には幕府による社殿の再建、江戸時代には徳川将軍家から400石の社領を寄進されるなど、各時代の有力者から厚く保護されました(じゃらん観光ガイド)。
















光天之池(みひかりのいけ)鷲宮神社境内に所在している「龍神様が住んでいる」という伝承がある御神池である。古くから所在していたこの池は、経年とともに次第に土砂が水面に流れ込み、長らく地中に埋もれていた。この場を含む境内地にて1999年(平成11年)から境内整備事業の一環として復元作業および土砂の搬出が行われ、今日の姿となっている。復元作業の際に湧き水とともに龍のような霧が噴出し、上空を覆ったという逸話があり、それにより光天之池と名付けられた。他の境内社の社号碑と同様である名前の碑と、朱塗りの鳥居、賽銭箱があり、奥には前述の御池社が鎮座している(Wikipedia)。



他にも、周囲に多くの神様が鎮座していたが、写真はこれくらいで。7月下旬頃は、浦和付近ではほとんど蝉が鳴いていなかったが、こちらでは鳴声が「シャー」と聞こえる程、蝉が鳴いていた。かなり違うものなのだな。電車は20分に1本しか無く、のどかだった・・・。google mapアプリさえあれば、誰も歩いていないような住宅街を彷徨ったりしながら、目的地に辿り着ける(^.^) ありがたい今日この頃。。