はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




江戸散策
10月下旬頃、東京マラソンのコース内で、馴染みが無い道の一部を歩いてみた。

水天宮前駅をスタートして、東日本橋、浅草橋、蔵前、浅草雷門で折り返し蔵前に戻り、蔵前橋を渡って隅田川を越え、両国、森下、清澄白河、深川、門前仲町に到着してこの日は終了。凄い歩いた気分だったが、僅か10kmくらいなんだな。知らない道は長く感じるものだ。本番当日、ここまで走って来られるかは微妙だが、とりあえず散歩は楽しかった。



まずは、水天宮でお参りした。

水天宮(すいてんぐう)は、東京都中央区日本橋蛎殻町にある神社。福岡県久留米市にある久留米水天宮の分社である。水と子供を守護し、水難除け、漁業、海運、農業、水商売、また安産、子授け、子育てについて信仰が厚い。御祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、安徳天皇、高倉平中宮(建礼門院、平徳子)、二位の尼(平時子)。江戸鎮座200年記念事業として社殿の建て替えを行った。平成28年4月8日より新社殿への参拝者の受け入れを開始した(Wikipedia)。江戸時代、久留米藩主の有馬頼徳が三田(現在の港区)の江戸屋敷に分霊を勧請したのがはじまり。当時、一般人は参詣できなかったが、江戸っ子たちの信仰は次第に高まり、塀越しに賽銭を投げ込む人が絶えなかった為、5の日に限って屋敷を開放されました。現在でも、毎月5日と戌の日の水天宮の縁日で開帳されています(じゃらん)。


やけに綺麗だなと思ったら、昨年建替えをしたんだな。



丁度、観光バスが到着した時で、大勢の参拝客がいらした。





安産子育河童
足下と胸、肩に赤ちゃん河童がしがみついている姿が印象的な、仲睦まじい河童の親子像。




寳生辨財天(ほうしょうべんざいてん)
江戸の頃、有馬家上屋敷内には市杵島姫(いちきしまひめ)神も祀られていました。代々の当主は辨財天を篤く信仰し、第九代藩主 有馬頼徳公が寳生流能楽の技を加賀藩の前田斉広(なりなが)公と競う際、稽古に励み辨財天に願をかけ、勝利をおさめたといいます。学業・芸能、又「寳生」の名のごとく財福のご神徳がございます(公式サイト)。


艶やかだ。









ビルの2階部分に鎮座している。





東日本橋駅付近で見かけた矢之庫稲荷でお参りした。江戸時代、この周辺に幕府の米蔵があったことから、それを守る為に建立されたらしい。






蔵前駅から浅草雷門を目指していた時に見かけた駒形堂でお参りした。

駒形堂は、浅草寺のご本尊である観音像が、隅田川から引き上げられた地に建立されたお堂です。馬頭観音が祀られていることから「駒形」の地名の由緒ともなっています。現在の堂は平成15年(2003)に再建されたものです。ご本尊顕現の地のため、お堂周辺の十町余りの川筋は魚介殺生禁断となり、戒殺碑が建立されました(台東区サイト)。








両国駅付近を通過した時に見かけた榛稲荷神社でお参りした。

榛稲荷神社はんのきいなりじんじゃ
このあたりは、榛馬場とよばれた馬場のあったところで、東西102間(約185m)南北12間(約22m)ありました。馬場を囲む土手に大きな榛があったところから、この名がつけられたのでしょう。この馬場は本所に住む武士の弓馬の稽古を目的としたものです。この馬場の傍らに祀られていたのが榛稲荷神社です。この神社には天保8年(1837)亀沢町の若者中が奉納した1対の木製朱塗りの奉紙立が現存しています(墨田区サイト)。







最後、門前仲町駅を目指していた時に見かけたえんま堂でお参りした。

法乗院(深川えんま堂)は、1629(寛永6)年創業という真言宗豊山派(しんごんしゅうぶざんは)の寺。平成元年に建立の閻魔大王座像は、寄木造で、高さ3.5m、幅4.5m、重量1.5tという巨大な閻魔様。名実ともに日本一の閻魔大王像になっています。しかも、この閻魔大王像、コンピューターで制御。大王像の前に、「家内安全」、「交通安全」、「夫婦円満」、「合格祈願」、「ぼけ封じ」、「いじめ除け」など19のご祈願が別個に記された、賽銭の投入口が用意され、自らの希望するご祈願に賽銭を入れると、仏様の様々な説法が音声で流れるシステム。閻魔大王の「除けと封じ」の力を生かしたものとかで、こちらも日本初のユニークな機能となっています(東京とりっぷ)。




お賽銭を投入したら、仏さまが大きな声で喋りだしたので驚愕(◎_◎)!!そう言うシステムだとは知らなかったので・・・。動揺してしまい、何を言われたのか、全然頭に入ってこなかったf^^;



「東京」と言うよりは「江戸」と言った方が馴染むようなコースだった。

泥棒役者
映画「泥棒役者」を観た。あらすじ:泥棒だった過去を隠し、恋人と幸せに暮らす溶接工員の大貫はじめ(丸山隆平)は、かつての泥棒仲間・則夫に脅され渋々盗みを手伝うことに。絵本作家の豪邸に忍び込むも次々と人に見つかり、出会った人から豪邸の主人、絵本作家、編集者と勘違いされてしまう。泥棒であることを隠すため、はじめは各人物に成り切ってその場をしのごうとするが……(シネマトゥディ)。




アンジャッシュのコントみたいな感じだな。ほとんどのシーンが絵本作家の豪邸で繰り広げられるが、この豪邸がとても素敵で、視界に入ってくる色具合が好みであった。最後、絶妙なタイミングで・・・いろいろあったのは、上手くまとめたな。ほっこり。

戸田マラソン 2017
昨日は、彩湖完成20周年記念 戸田マラソンin彩湖2017 10kmの部に参加して、無事完走した。60分台で走れたから、まあまあかな(^^* ハーフマラソンだと終わった後、疲れきってしまうが、10kmは、そこそこの疲労感がいい感じだ。達成感は余り無いけどな。戸田マラソンに参加するのは、2014年以来(この時はハーフの部で参加)、3年振りだ。今回は、タローさんが5kmの部に参加した。





スタートの雰囲気



スタート直前にコーンスープ(無料)で温まる。ありがたい☆以前は、テキトーに貰っていたが、ゼッケンにスタンプを押して貰ってからいただく方式になっていた。何杯も飲む人がいたのかな(^^;



JAが提供してくれた焼きもち。走り終わった後、空腹に最高のおもてなしであった。砂糖しょうゆ味だ。タローさんは2個食していた。



参加賞は、腕に巻いて走れるスマホケース。



素晴らしい晴天であった(^O^)




今回もまた、ストレスの無い大会運営で最高でした。大会を支えてくださった皆さま、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。



富士山
今日は、戸田マラソンだ(^◇^)風は冷たいが、日差しが温かい晴天だ。富士山が綺麗に見える!




湖からもちらっと!


ミックス。
映画「ミックス。」を観た。あらすじ:幼い頃、卓球クラブを経営していた母のスパルタ教育により、天才卓球少女として将来を期待された多満子だったが、母の死後は普通の人生を歩んでいた。ある時、恋人を会社の新人社員に寝取られたことをきっかけに、逃げるように田舎に戻った多満子は、いまや赤字経営に転落した卓球クラブを立て直すことになる。そのために全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を目指すことになった多満子は、クラブに通う落ちぶれた元プロボクサーの萩原とコンビを組むのだが……(映画.com)



予告では、コメディー風映像が多かったから、単純に笑える作品なのかなと思っていたがそうでもなかった。「みんな、いろいろな事情を抱えて生活している。」と言う、割とよくあるホームドラマ多目だった。先が読めてしまう。ガッキーは可愛い。

またまた蒼井優が、良い味出していた(笑)、振り切るよな〜。瀬戸康史は、最近よく見かけるが、甘い見た目なのに声が低音・・・と言うギャップが良いのかも。現役日本代表の卓球選手も多数出演していた。平日昼間に見たのだが、場内、小学生同士のグループがいっぱい。それほど、子供向けでもないような気がしたけど・・・(・・?





パズドラのCMを大きなスクリーンで見る事が出来た♪♪
なんだろこれ
歩きやすいんだけど、妙に軽いシューズで長い距離を歩いたら、なんだか腰が痛くなってしまった。。沈 でも、新しく取り入れた、ランニングアプリは楽しい。今のところ☆


ボジョレー・ヌーボー
ボジョレー・ヌーボー解禁で、ささやかな幸せだ☆




映画館でゲットした翔くんのチラシも素敵だ☆
東京さくらトラム
10月中旬頃、ずっと前から乗ってみたかった都電荒川線(東京さくらトラム)に、初めて乗ってみた。鬼子母神駅前で下車して、法明寺鬼子母神堂を目指した。



路面電車と言うよりは、普通にバスっぽいな。




丁度、お祭りであった。





鬼子母神きしもじん
仏教の守護神。サンスクリット語でハーリーティー Hārītīといわれる鬼女。訶梨帝母(かりていも) ,歓喜母ともいう。仏教の伝説によると,釈尊在世の頃,この鬼女が王舎城に出現して,民衆の子供を奪い食ったが,釈尊に教導され,五戒を受け,以後王舎城の守護神となったといわれる。日本では主として,安産,保育の神として信仰され,ときに盗難よけの神ともされる。しかし仏教に取入れられる以前のインドでは生産の神として信仰されたと考えられる。単独で信仰されるほか,密教では普賢十羅刹女?(ふげんじゅうらせつにょ) 図中にも加えられる。像容は天女形と鬼神形とがある。京都醍醐寺蔵の『訶梨帝母像』は柔和でふくよかな容貌で,宋画の影響を受けた 12世紀後半の仏画の新傾向を示す遺例。彫像は滋賀園城寺,東大寺などにすぐれた遺品がある。東京の法明寺は「雑司ヶ谷の鬼子母神」として有名(コトバンク)。

法明寺ほうみょうじ
東京都豊島区雑司ヶ谷にある日蓮宗の寺。山号は威光山。雑司ヶ谷鬼子母神と俗称される。円仁の開創と伝え,天台宗に属していたが,正嘉1(1257) 年日蓮の弟子日源によって改宗された。境内の鬼子母神は子育て像として多くの人に尊崇されている(コトバンク)。




武芳稲荷神社でお参りした。

境内南東には、倉稲魂命(うけみたまのみこと)を祀った古社武芳稲荷があり、今は新築遷座されていますが、古来この地が稲荷の森と称されていた頃の幾百年の名残を伝えています(公式サイト)。








大黒天



「雑司が谷七福神巡り」の案内を見つけて、ここから、運動がてら巡ってみる事にした。





弁財天(観静院)  美しいわ







恵比寿さまを目指して大鳥神社へ行き、お参りした。


雑司が谷のおとりさま大鳥神社
当神社はもと鷺明神と称し正徳二年(1712年)鬼子母神境内に創祀せられ、当時千登世橋に近く出雲藩下屋敷で藩主松平公の嫡男が疱瘡にかかった時、鷺明神に祈り治ったので厄病除けの神として尊崇されていたが、明治維新神仏分離に当り現地に移した(レッツエンジョイ東京)。



勢いのある狛犬さん


厳かな雰囲気の拝殿だ


斬新な賽銭箱





恵比寿神





布袋尊(中野ビル)





華の福禄寿(仙行寺) 何故かショーケース内に・・・





毘沙門天(清立院) 入り難い雰囲気だったので、ここで撮影だけした。



その目の前に鎮座していた白鳥稲荷大明神でお参りした。 


新鮮なお供え物が並んでいた。





吉祥天(清土鬼子母神) こちらも美しい。



七福神巡り、達成☆






この後、護国寺駅迄を目指して歩いていた時に、「護国寺」は近いのかな〜とか思っていたら、いきなり視界に入った。





護国寺
真言宗豊山派 大本山 護国寺。天和元年(1681)五代将軍徳川綱吉が、生母桂昌院の願いにより創建した祈願寺である。如意輪観音を本尊としている。後には将軍家の武運長久を祈る祈願寺となった。元禄時代の本堂、昭和3年に移築された月光殿は、ともに国の重要文化財に指定されている。その他指定文化財も数多い。明治期以降徳川家との関係が絶たれ、一般人の墓所を造成した。三条実美、山県有朋、田中光顕、大隈重信などが眠る(文京区サイト)。



漂っている荘厳な空気に圧倒された。時間が無くて、さらっと周っただけなので、再度訪ねてみたい。










敷地内にいた猫さん 和む・・・v





鳴沢了シリーズ
堂場瞬一氏の小説、警視庁失踪課・高城賢吾シリーズの次に、刑事・鳴沢了シリーズを読了した。10月上旬からどっぷり浸っていた。祖父、父が刑事だと言う鳴沢は、刑事でいる為だけに生きているような男だ。身長180cm、学生時代はラグビー部、酒を飲まず日々トレーニングを欠かさない、超ストイック。想像しただけで、絶対格好良いだろうな。ストーリー毎に変わる相棒が個性的で楽しい。特に、「孤狼」から登場する今(こん)刑事が、とても良い味を出す。実家がお寺だと言う事で、なんともユニークで説教じみた言葉の数々がクスッと笑える。その後、刑事を辞めてお坊さんになった後も、最終話で大活躍する。私生活なんかほとんど無く、身体的にはボロボロになった鳴沢だが、思わず泣きそうになるくらい温かいハッピーエンドであった。面白かった〜(*^^*) 


10/9 雪虫
10/14 破弾
10/19 熱欲
10/24 孤狼
10/26 帰郷
10/28 讐雨
10/31 血烙
11/06 被匿
11/11 疑装
11/12 久遠 上
11/13 久遠 下
(日付は購入日+作品タイトル)



今は、「七つの証言 刑事・鳴沢了外伝【短編集】」を読んでいる。次はどのシリーズを読もうかな〜♪関係ないが、翔くんが演じている「鳴海涼介」と、ちょっと名前が似ている。



秋ドラマ 素敵

日テレ 土22時 先に生まれただけの僕  5話

そんなに上手くいかないだろう〜と突っ込みつつも、高校生達の頑張りは素敵だった☆ 今後はLOVE STORY、多めなのかな。