はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




ベジタブルマラソン
第24回ベジタブルマラソンin彩湖 10kmマラソンに参加したジョギング

去年の11月にさいたま国際マラソンで30km走って棄権した以降、ほとんど走っていなかったが、10kmくらいなら走れるかなと、参加してみた。朝9時スタートだったけど、かなり暑かった〜;^^; サングラス内に熱がこもって曇るし。途中、配られていた氷を貰って、首の後ろを冷やしたりした。でもやっぱり、マラソン大会は楽しいニコ






完走証とお土産。完走後に貰った冷凍みかんは、融けてしまったけど。





走っている道中には、野菜とフルーツがふんだんに振舞われた。
パイナップル


オレンジ


きゅうり浅漬け、梅、ミニトマト

↑きゅうりは、ホント美味しい☆

手前のさつまいもは、マラソンには凄く良いと感じた(^^)真ん中は梅、一番奥は、ピンクグレープフルーツ。


全部食べていたら、お腹一杯になりそうだペコちゃん




彩湖は曇り空だったが、後、晴れた。



走り終わった後、武蔵浦和へ移動して、スポーツクラブでお風呂に入った。午前中にスポーツクラブに行ったのは初めてだったけど、ジムやお風呂は、凄い混んでいた。その後、中華料理屋で昼食。「豚肉ときくらげの卵炒め」って、美味しくも不味くもなく、味がよくわからなかったが、空腹は最高の調味料と言う訳で、完食した(ご飯は少し残した、すみません)。








マラソン大会のお土産には、これもいただいた☆




大会を運営してくださった皆さま、ありがとうございました。お疲れさまでした。秋にもあるようなので、参加しようかな♪



亀を飼い始めました・・・みたいな写真だけど、西瓜の漬物だ。濃い味付けで、西瓜の風味は無い。

美女と野獣
映画「美女と野獣」を観た(字幕版)。あらすじ:呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描く。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく(映画.com)。



アニメ版を観た事がないし、ストーリーもよく知らなかったが、評判が良かったから鑑賞してみた。ラジオなんかでは、エマ・ワトソンが美しくて!!と、大評判だったから、期待値が上がり過ぎたんだと思うけど、それほどでも・・・って感じだったかな。ストーリーは、ややしつこい。一番印象に残ったのは、野獣が美女に心を開いていく時の表情。だんだんとキュートになって行くんだよな(^^* それと、しつこいながらも、最後のミュージカルシーンは、まあまあ感動した。野獣は人間に戻った姿よりも、野獣のままの方が素敵だったな。

椅子完成
ハイバックメッシュチェア(エスナ)と言う椅子を購入した。


背もたれ、座面、アームレスト、座受金具、脚部、キャスター、全てバラバラに到着して、オール組み立てだ。


脚部にキャスターが上手く入らない・・・と言う、冒頭からメゲそうであったが、どうにかこうにか、汗だくになりながら、自力で完成させた。40分位、かかったかな。






かなり、立派な椅子だき
春ドラマ 作業服と機関銃
日テレ土22 ボク、運命の人です。 6話


亀梨と山Pのやり取り、
やっぱり面白いなぁ☆

木村さんの役は、元々は、上野○理がやる予定だったとか、
どこかの記事で見かけたが・・・

菜○緒と上野○理がいる現場って・・・汗汗




TBS日21 小さな巨人 6話


いろいろと突っ込み所、満載だけど、
渡部がいきなり一課(だったかな?)運転手って??

長谷川博己って、
シンゴジラでもこんな感じの役だったけど、
こう言う堅い役より、
「デート、恋とはどんなものかしら」
みたいな役を演じている方が好きだな。





日テレ日22.30 フランケンシュタインの恋 5話

ヤンキー美琴が良いなぁ☆
作業服と機関銃って(笑)





フジ月21 貴族探偵 6話


次回は、貴族の本性が判明するのかな。
相葉ちゃんは、
もう少し髪が長い方が好きかなき

赤坂氷川神社
5月上旬頃、仕事帰りに赤坂氷川神社でお参りした。

天暦5年(951年)、蓮林僧正が霊夢を見て、現在の赤坂四丁目のあたりに奉斎したと伝えられる。享保15年(1730年)、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗の命により、現在地に遷された。現在の社殿はこの時に造営されたもので、東京都の有形文化財に指定されている。麻布氷川神社、渋谷氷川神社、簸川神社などとともに江戸七氷川に数えられ、その筆頭とされる。御祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命 (おおなむぢのみこと)(Wikipedia)。



強風が吹いていたので、ブレブレになっているが、鳥居をくぐった後、大量の木々に囲まれた世界になる。多くの神社は、立派な樹木がたくさん植えられていて、閉ざされた異空間になっている感じが好きだ。











大イチョウは、港区の天然記念物だそう。






仕事終わりに、御成門から神谷町を抜けて、六本木一丁目迄歩いて行った。六本木駅付近は、たま〜に用事があって行く事があるが、六本木一丁目付近には用事が無いので、ほとんど行った事なかった。泉ガーデンタワーとかアークヒルズとか、凄い世界が広がっていて、ずっとキョロキョロしっぱなしであった(@_@;長い歩道橋は怖くて渡れないので、地下通路を上手く駆使しないと、道の反対側へすら行けない。沈

甘酒
ドラマ「ツバキ文具店」で、何度か登場した甘酒。



そういえば、気まぐれに買った甘酒が
冷蔵庫に入っていたよな・・・と、
思い出して、飲んでみた。





こんな、缶入りだと言うのに、
酒粕がゴロゴロと入っていて、
とても本格的なんだわ。
でも、ちょっと甘いかな。。
ま、甘酒だけどね(^^ゞ






甘酒には、思い出がある。


小学生の時に通っていたそろばん教室で、
時々、先生のお手伝いをしたりすると、
そのお礼みたいな感じで、
「ありがとう、お茶でも飲んで」と、
別室に通してくれた。

子供が飲むお茶と言えば、
冷やした麦茶が定番と言う時代だったが、
出されたそれは、生姜がたっぷり入った温かい甘酒だった。



生まれて初めて飲んだ甘酒であった。



先生、お元気でしょうか・・・。






この話、前にも書いたかな。

川越氷川神社
4月中旬頃、川越にある氷川神社でお参りした。

御祭神は、素戔嗚尊・奇稲田姫命・大己貴命・脚摩乳命・手摩乳命。2組の夫婦神が鎮座していることから古くから縁結びの神として信仰されている。毎朝8時より、持っていると良縁に恵まれるといわれる本殿の小石を縫製した縁結び玉が20体配られるため、早朝から行列が絶えない。七夕を含む夏には天の川に想いが届くよう江戸風鈴に願いが書かれた短冊を結わう縁結び風鈴で賑わう。韓国の人気番組『私たち結婚しました』のロケ地となり「縁結びの神様」と紹介されるなど近年は外国人参拝者が非常に増え、英語や中国語など外国語で願いが書かれた絵馬が非常に多い(wikipedia)。 




縁結びの神様は、思っていた以上に多い。この日も、着物を着た女性が大勢参拝していた。何かのお祭りでもやっているのかと思う程であった。ドラマのロケ地だったのか・・・。お祭りか・・・と気をとられていたら、拝殿を撮影するのを忘れてしまった汗





そんな訳で、5月中旬頃、再度お参りに行った。


「縁結び風鈴」と言うのがたくさん飾られていた。










御神木






4月には、裏の公園で、桜がきれいに咲いていた。




春ドラマ 押し花

NHK金22 ツバキ文具店 6話


パンティと男爵のやりとりが良いな☆
押し花の手紙、素敵だったなぁき


以前、フラワーアレンジメント教室に通っていた時に、
たまには、押し花をやってみましょう♪みたいな回があった。
超〜・・・・・・面倒くさくてショボン
こう言う事を好きだと言える、
丁寧な人間に生まれたかったと思った。



今回のバーバラ婦人の名言

煮詰まったお鍋を 煮続けたって
こげつくだけよ





TBS金22 リバース 6話

広沢のお母さんは、
東京に出て来ていたんだな・・・
何か、怪しいな。


築地本願寺
5月上旬頃、築地本願寺でお参りした。



築地本願寺は,浄土真宗本願寺派の関東における拠点である。現在の本堂は,関東大震災の後昭和9年に再建されたもので,設計は東京帝国大学名誉教授で建築史家の伊東忠太による。鉄筋コンクリート造であるが,石造風の外観は,インドの古代仏教建築に学んだ細部や要素を巧みに組み合わせている。中央部二階の大本堂は伝統的な真宗本堂の形式を踏襲し,両翼部や一階には議場や説教所,事務室や納骨堂などの諸室を配している。築地本願寺本堂は,インドの古代仏教建築を主たる素材として外観を構成し,内部は日本の伝統的意匠要素を中心に濃密で均整のとれた意匠を達成している。必要な諸機能をひとつにまとめ,最新式の設備を備えるなど近代の設計技術を集合しており,独自の建築様式を追求した伊東忠太による寺院建築の傑作として,価値が高い(文化遺産オンライン)。





以前、フィレンツェで見た大聖堂みたいな建物だ。日本にこんなお寺があるとはねぇ。凄いわぁ・・・と、たくさん写真を撮ったけど、いまひとつ、凄さが伝わらない写真ばかりであった。これもまた難しい。


















昔昔、社会人となって初めて仕事をした会社は、ここから徒歩10分くらいのところだった。近くにこんなに凄いお寺があると言うのに、話題になったこともなかったな(^^;