はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




169
健康診断へ行った。身長が、また伸びたf^^;


平成26年:168.7cm
平成28年:168.8cm
平成29年:169.1cm


足が浮腫んだか、靴下が厚かったかの誤差だと思うが、169cmの領域は人生初めてだ。笑

縮んでいないだけ、マシかな。

新宿 熊野神社
11月下旬頃、新宿へ行った際に、十二社 熊野神社でお参りした。


熊野神社(くまのじんじゃ)は、東京都新宿区西新宿二丁目にある神社。新宿総鎮守として知られている。当神社は中野長者と呼ばれた室町時代の紀州出身の商人・鈴木九郎によって応永年間(1394年 - 1428年)に創建されたものと伝えられている。(天文・永禄年間に当地の開拓を行った渡辺興兵衛という人物が祀ったという異説もあり)鈴木九郎は代々熊野神社の神官を務めた鈴木氏の末裔で、現在の中野坂上から西新宿一帯の開拓や馬の売買などで財を成し、人々から「中野長者」と呼ばれていた。鈴木九郎は当初自身のふるさとである熊野三山の若一王子を祀ったところ、商売が成功し家運が上昇したので後に熊野三山から十二所権現をすべて祀るようになったのが始まりとされている。かつて存在した付近の地名「十二社」(じゅうにそう)はこれに因んでいる。この地名は現在でも通り(十二社通り)や温泉(新宿十二社温泉)の名などに見られる。祭神は櫛御気野大神・伊邪那美大神(wikipedia)。



なでしこジャパンがワールドカップを制した時、出発前にここでお参りした事で有名らしい。西新宿のこの辺りへ足を運んだのは初めてかも。新宿公園から別世界が広がっていた。


勝運の神様と言う強そうな佇まいだ(思い込みかも)。





末社大鳥神社


面白い狛犬さんだ





胡桃下稲荷神社



他にも見所満載であった。敷地内はとても綺麗にされていて、外国人参拝者も大勢いた。

空飛ぶタイヤ
池井戸潤氏の小説「空飛ぶタイヤ」を読んだ。大体のストーリー、結末がわかっているのに面白かったー!仕事へ行ったりしながら、上下巻2日で読み終えた。下巻のわたくし的にクライマックスと思っている部分は、10回くらい読んでしまったf^^;運送会社の社長が何度も窮地に立たされる度、手を差し伸べてくれる人々が現れる場面では泣けるし、最後は勧善懲悪、スカッとする↑↑


タイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにした作品。事故を起こした運送会社の社長が、自社の無実を証明すべく巨大企業の闇に挑む経済小説であり、2002年に発生した三菱自動車製大型トラックの脱輪による死傷事故、三菱自動車によるリコール隠し事件などを物語の下敷きとしている(Wikipedia)。

あらすじ:事故原因の核心に関わる衝撃の事実を知り、組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱いた赤松。だが、決定的な証拠はない―。激しさを増すホープグループの妨害。赤松は真実を証明できるのか。社員、そして家族を守るために巨大企業相手に闘う男の姿を描いた、感動の傑作エンターテインメント小説(BOOKデータベース)。



勢いと工事で外出出来ないのとで、2009年にWOWOWでドラマ化されたのを動画レンタルして、一気に鑑賞した。やはり小説の方が面白かったけど、ドラマも演技が上手い役者さんが揃っていて、見応えがあった。主役・赤松社長をTOKIO・長瀬が演じて来年映画として公開されるらしい。ドラマ版は仲村トオルが演じていて、ちょっと格好良過ぎではないか?と思ったりしたが、長瀬もまた違った意味で、うーん・・・。ただ、映画化は楽しみだ。

工事中
現在、我が家は工事中だ。去年も雨樋、ベランダを工事したが、今回は、お風呂前の洗濯機なんかが置いてあるスペースの床をはがして、作り直す工事だ。ベコベコしていたのを放置していたら、ボロボロになって来たから。ボロ家は、毎年何処かを工事しないとならない。沈

そんな訳で、外出出来ない。大掃除でもしようかなと思ったが寒い。。



先日、嵐にしやがれで大野くんが作っていた「おでん茶碗蒸し」。やってみた。見た目はシュールだが、これ、美味しいペコちゃんheart



普通の茶碗蒸しより、おでん種の出汁が出て、更に良い感じになっている。普通におでんを食べるより美味しいかも。何よりも簡単だしなき


探偵はBARにいる3
映画「探偵はBARにいる3」を観た。あらすじ:ある日、高田(松田龍平)が探偵(大泉洋)に、行方不明になった大学生の麗子(前田敦子)の捜索話を持ってくる。調査を進めていくと、彼らはモデル事務所の美人オーナー・マリ(北川景子)にたどり着く。探偵と高田はミステリアスなマリに振り回されるうちに、やがて大きな事件に巻き込まる(シネマ・トゥディ)。




1、2も観たが、ストーリーを全く思い出せない。このブログを検索してみたけど、薄〜い感想しか書いていない(^^;

北川景子が人生を賭けたと言うエピソードは、うーん・・・それほどグッと来なかったな。高田と探偵のやり取りが好きなんだけど、少なかった気がする。エンドロール後のオマケ映像は笑えた。
三崎稲荷神社
12月上旬頃、東京ドームへ行く前に、JR水道橋駅近くに鎮座する三崎稲荷神社でお参りした。


創建は建久(12世紀末)以前とされています。氏神社の社号は三崎稲荷神社ですが、金刀比羅神社を合祀しているため、三崎神社と通称されています。創建当初は和田倉付近にあり、その後三崎村に移転、万延元年(1860)講武所の設置に伴って水道橋に移転し、甲武鉄道(現JR中央線)が万世橋まで延長されたのに伴い明治38年(1905)現在の地に移りました(千代田区観光協会)。

色付いた銀杏も映える、美しい神社であった。






手水舎も立派だ。





後楽園駅方面へ行った所に鎮座する金比羅宮 東京分社でお参りした。

文政2年、板橋 市左衛門の邸内祠として祀られたのにはじまり、明治13年、神社として認められ、明治21年に当宮境外末社に加えられました。明治23年には神田和泉町にあったものを、深川古石場町に移転、「深川のこんぴらさん」として親しまれていました。しかし、昭和20年、戦災にあい建造物を焼失。讃岐高松藩の邸内社として奉斎されていた水道橋金刀比羅神社と深川のこんぴらさんを合わせ祀り、昭和39年、文京区本郷に遷座。以来「水道橋のこんぴらさん」として親しまれています(公式サイト)。


面白い顔の狛犬さんだ





拝殿の雰囲気は、先にお参りした三崎稲荷神社と似ているような。








隣に鎮座している水道橋稲荷神社でもお参りした。



日本刀
東京・深川に鎮座する富岡八幡宮で起きた宮司殺害事件。凶器は日本刀。姉弟における確執の果て、らしい。


いろんな記事を読んでみたが、兄弟げんかだけでなく、神社本庁が女性宮司を認めていない問題もあるみたいだ。わたくしは、今年に入って急に神社仏閣巡りに興味を持ったばかりで、まだ、深い事はよくわからないけど・・・。



10月に参拝した富岡八幡宮




結局、自分も死んでしまうなら、誰も巻き込むことなく、静かに人生を終えれば良いのになと、こう言う事件が起こる度、思う。

巣鴨から王子へ
11月25日に、東京・南千住で開催されていた靴祭りで買い物をした後、素盞雄神社でお参りをした。その後、三ノ輪まで歩いて都電荒川線に乗って、庚申塚駅で下車。巣鴨方面へ歩いて行き、高岩寺でお参りした。有名なとげぬき地蔵は行列していたのでパスして、更に巣鴨駅へ向かって歩いていると、大きなお地蔵様が。


江戸六地蔵尊の一つとして知られるこのお寺は、真言宗豊山派醫王山東光院眞性寺と申します。起立年代不詳。元和元年(1615年)境内には松尾芭蕉の句の石碑があります。大きな傘をかぶり、杖を持つお地蔵様。江戸の六街道の出入口に置かれ旅の安全を見守ってくれました。 (巣鴨は中山道の出入り口でした)関八州江戸古地図、江戸絵図ほか多くの文献から眞性寺界隈は交通の要として賑わっておりましたことが伝わっております(商店街サイト)。







六義園へ向かって歩いて行ったが、入場券を買う為に行列していたのでパスして、駒込駅へ向かう。JR駒込駅前に鎮座する大国神社でお参りした。

天明3年(1783)に、当大島家の先祖が、現在の地におまつりしたもので、明治12年(1879)、当時の大総代 細川潤次郎男爵の協力を得て神社としての形を整え、現在に至っています。当神社は氏神様をお祀りするお社ではなく、個人的な信仰対象としてのご祭神オオクニヌシノミコトをお祀りする、いわゆる崇敬神社です(公式サイト)。






こじんまりとしているが、清潔で美しい。



その後、王子駅を目指して歩いた。途中、やはり入口で行列していた旧古河庭園を素通りして、北区西ヶ原付近七社神社でお参りした。こちらは以前にも、お参りに来た事があるが、秋らしい佇まいで落ち着いた雰囲気が素敵であった。







無事、王子駅迄歩く事が出来た。早起きすると、一日中、楽しめるよなf^^;

秋ドラマ あの人もこの人も
日テレ木 ブラックリベンジ 最終話

あの人もこの人も裏切り者。ドロドロ昼ドラ(見たことないけど)の深夜版。これまでの演出で、カウンセラーが怪しいんだろうなと言うのは予想出来た。最後で怒涛の説明ではなく、もう少しネタを小出しにしたら良かったのに・・・と、いつも書いているような気がするな。途中、壊れた佐藤二朗は面白かった。

秋ドラマ 続きは
フジ 火21 明日の約束 8話

益々、どこまでも重い。問題、闇を抱えているひとたちばかりだが、結末は一体・・・。





日テレ 水22 奥様は、取り扱い注意 最終話 


初回から最後まで見た。ストーリーはそれほどでも・・・って感じだったが、いつも綾瀬はるかが悪を倒して、スッキり。でも絶対、西島秀俊は何かあると思うし、もう少し早い段階で黒いネタを小出しにしたら、より面白かったんじゃないかな〜。続きは、来年公開の映画・・・。