はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




311
日差しは温かかったけど、風が冷たかった〜(*_*)
6年前の3月11日も、寒かったな〜。歩いても歩いても歩いても、体は温まらず、冷えきった・・・。
54年振り
天気予報が当たり、雪が降っているゆき
11月の初雪は、54年振りだそう。





暑かったり、寒かったり。。




大地震
熊本で大きな地震が発生した。
余震も続いている模様だ。

発生した時間が夜だったから、
家族が、職場、学校等々
バラバラになっていないのは、
不幸中の幸いだが、

これから何をするにも真っ暗で
夜中に向かっていると言うのは、
不安だし、大変だろうな・・・。

遂に
清原は、遂に容疑者になってしまったか。



彼が高校一年生の夏、甲子園に出場した時、わたくしも、甲子園のアルプススタンドで母校を応援していた。真っ黒に日焼けしたり、泣いたりして(^^;



しっかりしていそうな妻と野球を頑張っている息子が二人いたのにね…。若い時に、ちやほやされ過ぎたのかな。
W辞任
違法なんだろうけど、うちわを配った位で、あんなにしつこく追求されて、しかも柄が無ければOKとかなんとか、くだらないし。でも、結局辞任に追い込まれたなんて、やっぱりあの方、煙たがられてた部分もあるんだろうな。ま、法相だし。

どうでも良いけど、柄が付いているうちわは、後々ゴミになった時に、分別とか面倒くさそうだから、やたら配らない方が良いと思う。この夏は、町中で配っていても、一切受け取らなかった。

もう一人の大臣は、祖父の代からの後援会が全てを仕切っていて、本人は人形みたいな感じ。あちこちで言われてるけど、ホントに何も考えてなさそう(わたくしに言われなくないだろうがf(^^;)。「私にもわからない事が多過ぎる」なんて言ってるし・・・
ドスン
いきなりドスンと来てから、緊急地震速報メール受信(゜ロ゜;かなり揺れたぜ、震度4。
誤報
昨日の夕方発信された、緊急地震速報が誤報だったと騒いでいる。気象庁担当者まで、あんなに深々と頭下げちゃって・・・。そこまですることか?電車は止めたけど、訓練になったと思えばね(自分が無関係だったから言ってるが)。半沢さんと一緒で、課長は大変だな。
あれから2年
東日本大震災から2年。あの日、仕事をしていた会社へ今日も出勤。あれから外出時に持ち歩くようになった電池式携帯電話充電器。電池も充電式のエネループ。繋がり難かったとはいえ、やっぱり携帯電話は大事だと痛感したから。あと、水、お菓子、小型LEDライトも常備ね。

130311_0815~010001.jpg

あのニュー新橋ビルに松潤がロケに来たとはね・・・(^^;
勘違いオヤジ
そういえば、今日は午後から雨の予報だった。傘、持って来るの、忘れちゃったぜ↓↓

自民党政権奪還か・・・(微妙)。自民党圧勝と言うより民主党が酷過ぎたんだよな。小泉氏もそう言ってました。彼、先週浦和駅に来るってことで、大大混雑してた。人気あるね〜。渋滞に巻き込まれたらしく、なかなか来なかったから見ないで帰って来ちゃったけど(^_^;)とりあえず、なめ切ってる中国にガツンと対応して欲しい。

それにしても大阪市長の人、何をどう勘違いして、あんなに偉そうなんだよ?!今後の方向性を聞かれて「ホームページを見てください」って。ちゃんと説明しなさい。何故かこの人と組んじゃった前都知事の人は普段通りだったけど、この組み合わせ、長く続くのか?

昨日は10km歩いた。走るより大変だ(*_*)富士山の写真、好きだよな(^。^;)
121216_1620~010001.jpg

あ〜あ
野田佳彦首相が「政治生命を懸ける」とした消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案は26日午後の衆院本会議で与党と自民、公明両党などの賛成多数で可決、参院に送付された。しかし、民主党からは消費増税法案の採決で、小沢一郎元代表や鳩山由紀夫元首相ら57人が反対票を投じ、欠席、棄権も含めれば70人を超える大量造反が出た。小沢氏は採決後、近く離党する意向を示唆。民主党は事実上分裂し、野田政権が一段と弱体化するのは必至だ。(時事通信)

これまで、小沢一郎は大嫌いだったが、今回はよくやったと思う、初めて。民主党が政権を取った時の公約「増税はしない」と言う筋を通したし。これによる民主党の分裂を目論んで乗っかった自民党って、ホントに政権を取ることしか考えていないよな、知っていたけど。自民党は増税路線だったとは言え、こんなにあっさりなのか。。しかし、民主党の詐欺っぷりも酷いな、(民主党に)投票したことないが。