はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




東京さくらトラム
10月中旬頃、ずっと前から乗ってみたかった都電荒川線(東京さくらトラム)に、初めて乗ってみた。鬼子母神駅前で下車して、法明寺鬼子母神堂を目指した。



路面電車と言うよりは、普通にバスっぽいな。




丁度、お祭りであった。





鬼子母神きしもじん
仏教の守護神。サンスクリット語でハーリーティー Hārītīといわれる鬼女。訶梨帝母(かりていも) ,歓喜母ともいう。仏教の伝説によると,釈尊在世の頃,この鬼女が王舎城に出現して,民衆の子供を奪い食ったが,釈尊に教導され,五戒を受け,以後王舎城の守護神となったといわれる。日本では主として,安産,保育の神として信仰され,ときに盗難よけの神ともされる。しかし仏教に取入れられる以前のインドでは生産の神として信仰されたと考えられる。単独で信仰されるほか,密教では普賢十羅刹女?(ふげんじゅうらせつにょ) 図中にも加えられる。像容は天女形と鬼神形とがある。京都醍醐寺蔵の『訶梨帝母像』は柔和でふくよかな容貌で,宋画の影響を受けた 12世紀後半の仏画の新傾向を示す遺例。彫像は滋賀園城寺,東大寺などにすぐれた遺品がある。東京の法明寺は「雑司ヶ谷の鬼子母神」として有名(コトバンク)。

法明寺ほうみょうじ
東京都豊島区雑司ヶ谷にある日蓮宗の寺。山号は威光山。雑司ヶ谷鬼子母神と俗称される。円仁の開創と伝え,天台宗に属していたが,正嘉1(1257) 年日蓮の弟子日源によって改宗された。境内の鬼子母神は子育て像として多くの人に尊崇されている(コトバンク)。




武芳稲荷神社でお参りした。

境内南東には、倉稲魂命(うけみたまのみこと)を祀った古社武芳稲荷があり、今は新築遷座されていますが、古来この地が稲荷の森と称されていた頃の幾百年の名残を伝えています(公式サイト)。








大黒天



「雑司が谷七福神巡り」の案内を見つけて、ここから、運動がてら巡ってみる事にした。





弁財天(観静院)  美しいわ







恵比寿さまを目指して大鳥神社へ行き、お参りした。


雑司が谷のおとりさま大鳥神社
当神社はもと鷺明神と称し正徳二年(1712年)鬼子母神境内に創祀せられ、当時千登世橋に近く出雲藩下屋敷で藩主松平公の嫡男が疱瘡にかかった時、鷺明神に祈り治ったので厄病除けの神として尊崇されていたが、明治維新神仏分離に当り現地に移した(レッツエンジョイ東京)。



勢いのある狛犬さん


厳かな雰囲気の拝殿だ


斬新な賽銭箱





恵比寿神





布袋尊(中野ビル)





華の福禄寿(仙行寺) 何故かショーケース内に・・・





毘沙門天(清立院) 入り難い雰囲気だったので、ここで撮影だけした。



その目の前に鎮座していた白鳥稲荷大明神でお参りした。 


新鮮なお供え物が並んでいた。





吉祥天(清土鬼子母神) こちらも美しい。



七福神巡り、達成☆






この後、護国寺駅迄を目指して歩いていた時に、「護国寺」は近いのかな〜とか思っていたら、いきなり視界に入った。





護国寺
真言宗豊山派 大本山 護国寺。天和元年(1681)五代将軍徳川綱吉が、生母桂昌院の願いにより創建した祈願寺である。如意輪観音を本尊としている。後には将軍家の武運長久を祈る祈願寺となった。元禄時代の本堂、昭和3年に移築された月光殿は、ともに国の重要文化財に指定されている。その他指定文化財も数多い。明治期以降徳川家との関係が絶たれ、一般人の墓所を造成した。三条実美、山県有朋、田中光顕、大隈重信などが眠る(文京区サイト)。



漂っている荘厳な空気に圧倒された。時間が無くて、さらっと周っただけなので、再度訪ねてみたい。










敷地内にいた猫さん 和む・・・v





弘明寺
先日、横浜の実家へ行った帰り道、弘明寺でお参りした。駅名にもなっていて、昔、何かの用事で下車した事はあったかもしれないが、お寺を訪ねたのは初めてだ。上大岡駅から地下鉄で行ったので、大きな商店街を通過した。懐かしい雰囲気だったな。アーケードなので、天候に左右されないからドラマロケに使われたりするそうだ。





弘明寺(ぐみょうじ)は、横浜市南区にある高野山真言宗の寺院。瑞應山蓮華院と号し、横浜市内最古の寺院である。寺伝によると、721年(養老5年)にインドの僧・善無畏が当地に結界を創り、737年(天平9年)に行基が観音像を刻んで一宇を建立したと伝えられ、行基を以って開基としている。弘仁年間(9世紀初期)には空海が双身歓喜天(弘明寺聖天)を彫刻し安置したという。 鎌倉時代には源将軍家累代の祈願所であった(Wikipedia)。



仁王門 - 江戸時代に建てられたといわれている。



長〜い階段だ



本堂



手水舎 ゾウさんとフクロウ?




七つ石 - 善無畏が七つの盤石を埋めて結界を創ったと伝わる。霊石として信仰を集めている。




身代地蔵 ‐平成13年(2001年)6月、京浜急行電鉄会社設立100周年を記念して、全ての人々の病気平癒、身体健全を祈願するため奉納された。身体の悪いところと同じ場所をタオルやハンカチでさすり祈願することで、自身や家族の身体を癒してくれる(公式サイト)。



聖天堂
弘仁9年(818年)、弘法大師が回国の際、この地に不思議な力を感じて、聖天(大聖歓喜天)を彫り安置し、一千座の護摩を焚いて庶民の幸福を祈願したとされる(公式サイト)。



大師堂
真言宗の宗祖、弘法大師を奉安している。弘法大師が弘仁5年(814年)に当山を訪れ、聖天(大聖歓喜天)を彫り、山上の奥の院に奉り、衆生救済のために一千座の護摩を修法したと伝えられる。弘法大師は今でも高野山奥の院に住み、人々の幸福を祈り続けている(公式サイト)。









楓関門へ行くをの忘れてしまった。横浜市最古のお寺なんだな。長い階段を上がると重厚な世界が広がる。時間が遅かったからか、いろいろと片付け中・・・って感じだったかな。


富岡八幡宮(横浜)
10月下旬頃、実家に行く前に富岡八幡宮でお参りした。京急富岡駅から、徒歩10分くらいかな。


富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)は、横浜市金沢区にある神社である建久年間(1190年〜1199年)源頼朝が摂津国難波の蛭子神(恵比寿神。西宮神社の末社のものと言われる。)を勧請して創建、安貞年間(1227年〜1229年)に八幡神が合祀されたという。八幡宮の山が応長の大津波から富岡地区を守ったことから「波除八幡」の別名を持つ(wikipedia)。




京急富岡駅から歩いて行くと、この鳥居から入る事になる。



恵比須さま


艶やかな深川の富岡八幡宮とは違い、渋い造りで趣深い。創建時代がかなり違うしな。渋い本殿の写真も撮ったが、逆光に阻まれてしまった。







境内から見下ろした先に見える鳥居が正面かな。時間が無かったので、下りなかった。残念。






富岡発金沢文庫行きバスの途中に実家がある。このバスが1時間に1本しか無い。富岡駅に着いた時に調べた、次のバスが30分後だった。神社との往復に20分かかり、駅前のスーパーでお寿司を買って、凄い急な坂の上にあるバスターミナルまで、汗だくで走った・・・と言う事で、境内にいたのは5分くらいかな(((^_^;)


有楽稲荷神社
昨日は銀座を堪能したが、10月下旬頃、仕事帰りに有楽町駅近くに鎮座する有楽稲荷神社でお参りした。



有楽町電気ビルヂング内のサブタイトル「有楽稲荷神社」

敷地北東の一角には1859年(安政6年)に永井飛騨守が天下泰平と子孫繁栄を祈願して創立した有楽稲荷神社があり、関東大震災でも難を逃れた。本ビル建設のため1973年より山王日枝神社に遷座したが、1979年2月に現在地に復座した。毎年2月の二の午には大祭が執り行われる(Wikipedia)











この辺りをよく通るが、全く気が付かなかったな。まさかと思うような所に静かに鎮座している。こぢんまりとしているが、なかなか雰囲気のある佇まいだ。


銀座八丁神社めぐり
「銀座八丁神社めぐり」と言う「AUTUMN GINZA 2017」のイベントに反応してみた。


銀座は信仰篤き人々に恵まれ、数々のご尊像をお祀りしてありますが、今回も施主のご好意により特別にご開帳されます。すべての札所をご巡礼のうえ、その広大なご神仏恩を鑽仰され、ご利益を祈願して成就されんことを、お祈り申し上げます(集印帳より)。





銀座一丁目からスタート☆
説明文は「AUTUMN GINZA 2017」サイトから引用。





幸稲荷神社さいわいいなりじんじゃ
縁結び、商売繁昌、家内安全にご利益があるとされる銀座1丁目の護り神。銀座1-5-13(並木通り1丁目)




龍光不動尊りゅうこうふどうそん
願望成就、家内安全、商売繁昌にご利益があり、流行にも通ずるとされる。銀座3-6-1(松屋銀座 屋上)








銀座稲荷神社
火防、盗難避け、商売繁昌、家内安全のご利益がある銀座のお稲荷さん。銀座2-6-5(銀座トレシャス銀座ガス灯通り2丁目)






朝日稲荷神社あさひいなりじんじゃ
商売繁昌、家内安全の神として有名な、古くより銀座に鎮座する守護神。銀座3-8-12(大広朝日ビル)





銀座出世地蔵尊ぎんざしゅっせじぞうそん
ご利益は、「祈願して成就せざるはなし」といわれている地蔵尊。銀座4-6-16(銀座三越9階 銀座テラス)


思い切り工事中。。









歌舞伎稲荷神社かぶきいなりじんじゃ
歌舞伎興行の大人りや安全、お客様や舞台関係者の平穏無事などを祈願して祀られている。銀座4-12-15(劇場歌舞伎座正面・右側)








あづま稲荷神社いなりじんじゃ
戦後に祀られてから火災が無くなったという火防・盗難除けの稲荷。銀座5-9-19(あづま通り、三原小路)






峺邂隹擔声劼くごいなりじんじゃ
いまから二百余年前に祀られ、関東大震災などから町内を守った火防の神。銀座6-10-1(GINZA SIX屋上)

こちらは、14階屋上の角に鎮座されていて、エレベーターを降りてから屋上の端っこをかなりの距離、歩く必要がある。高所が苦手で怖くて歩けず、直接お参りは出来なかったが、遠くから手をあわせて、スタンプはいただいたf^^;








豊岩稲荷神社とよいわいなりじんじゃ
昭和初期には芸能関係者の崇敬を集め、縁結びの神社としても知られている。銀座7-8-14(「やす幸」脇の路地)

もの凄い隙間に鎮座されている。。







成功稲荷神社せいこういなりじんじゃ
満金龍神成功稲荷を祀っており、商売繁昌、事業成功にご利益があるとされる。銀座7-5-5(資生堂銀座ビル 1Fエントランス)

名称が凄いな。対応してくださった方々は資生堂の皆さんかな、綺麗な方ばかりだった。







宝童稲荷ほうどういなりじんじゃ
良縁の成就、健やかな子どもの成長にご利益があると伝えられる子育て稲荷。銀座4-3-14(並木館裏、または天賞堂裏の路地を入る)


参道なのかな、細〜い路地。







無事終了して、東急プラザ銀座1階で記念品をいただいた。


記念品


来年の干支、戌の土鈴 シュールだ・・・





各所で、いろんなお土産をいただいた。ありがとうございます。




これまでの人生で、スタンプラリーを完了したことなんかあったかな? それぞれのスタンプが素敵だ☆



所要時間は、1時間30分くらいかな。平日だと言うのに、かなり混雑しており、ゆっくりとお参りは出来なかったが、気分はすっきり!! やはり商業地、商売繁盛の神さまが多く鎮座している。運動がてら東京駅まで歩いて、上野東京ラインで埼玉へ戻った。スポーツクラブでお風呂だけ入って帰宅した。






誰もが知っていると思うが、銀座は、やっぱり凄い観光地なんだな。。

本太氷川神社
9月下旬頃、浦和と北浦和の間付近に鎮座している本太氷川神社でお参りした。

氷川神社(ひかわじんじゃ)は、埼玉県さいたま市浦和区本太にある神社。旧社格は村社。別称として本太氷川神社、元府趾氷川神社とも呼ばれる。鳥居扁額には元府趾(もとふと)と表記されている。約1500年前から鎮座していると伝えられているが、創建年は不詳である。元府趾に建造されたことから、律令制の政庁があった時期(奈良時代)以降と推測される。御祭神は、須佐之男命(Wikipedia)。



3つの鳥居に囲まれた公園内に鎮座している。これほど鳥居に囲まれたごく普通の公園って、パワーが溢れているのでは。











上向福徳神







瑞泉寺
9月下旬頃、鎌倉を散策した。鎌倉宮から15分くらい歩いた所に鎮座している瑞泉寺でお参りした。拝観料は200円。小学生の頃、天園ハイキングコースを歩いて遠足で訪ねた事があったな・・・と言っても、お寺の名前を記憶していただけで、印象は全く忘れてしまっていた。





瑞泉寺(ずいせんじ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある臨済宗円覚寺派の寺院。山号は錦屏山(きんぺいさん)。本尊は釈迦如来で、開基は二階堂道蘊である(wikipedia)。瑞泉寺は鎌倉公方(鎌倉府の長)の菩提寺(ぼだいじ)として、鎌倉五山に次ぐ関東十刹(かんとうじゅっさつ)に列せられた格式のある寺院です。山号の錦屏山(きんぺいざん)は、寺を囲む山々の紅葉が錦(にしき)の屏風のように美しいことから名付けられました。また境内は、四季を通して様々な花を楽しむことが出来ます。山の夢窓国師(むそうこくし)は、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)や足利尊氏(あしかがたかうじ)も深く帰依(きえ)し、鎌倉〜南北朝期に臨済宗(りんざいしゅう)で重きをなした僧です。作庭にも才を発揮し、昭和45年に発掘、復元された仏殿背後の庭園は、夢窓国師の作として、国の名勝に指定されています(公式サイト)。



平日の夕方だった事もあり、道中、ほぼ一人きり。誰にも会わなかった。風と風に揺れる木々の音が聞こえるだけ。緑の世界と静寂に圧倒された。癒された・・・・・・。






山門をくぐると、参拝客が数人いた。


本堂


彼岸花
浦和界隈の彼岸花は、9月20日頃には枯れかけていたから、こちらの方がかなり遅く咲くのだな。


天女洞:それは鎌倉石の岩盤に地形に応じ地質に即して巧みに大いなる彫刻をほどこした、鎌倉ならでは性格のものでした。境内の北の一隅の岩盤の正面に大きな洞(天女洞)を彫って水月観の道場となし、東側には坐禅のための窟(坐禅窟・葆光窟)を穿(うが)ちました(公式サイト)。


あじさいに似た花がたくさん咲いていた。花のお寺と言われるだけあって、庭園は美しい。



どこも苦地蔵 - もと扇ガ谷の地蔵堂にあった地蔵菩薩像。昔、堂守が貧しさゆえに逃げ出そうとしたところに、この地蔵が堂守の夢枕に立ち、「どこも苦、どこも苦(苦しいのはどこも同じ)」と言ったという伝承がある(wikipedia)。





とても素敵な空間だったな・・・。桜や紅葉の季節にも訪ねてみたいな。そんな時は、道中一人きり・・・みたいなことは無いんだろうな。



鎌倉宮
9月下旬頃、鎌倉を散策した。源頼朝の墓から歩いて10分くらいの所に鎮座している鎌倉宮でお参りした。


鎌倉宮(かまくらぐう)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある神社である。護良親王(もりながしんのう)を祭神とする。建武中興十五社の一社で、旧社格は官幣中社。 神社本庁の包括下には当初より入っていない単立神社。別名 大塔宮(おおとうのみや)。祭神である護良親王は後醍醐天皇の皇子で、父とともに鎌倉幕府を倒し建武中興を実現したが、その後、足利尊氏との対立により足利方に捕えられて東光寺に幽閉され、建武2年(1335年)の中先代の乱の混乱の中で尊氏の弟の直義の命で、家来である淵辺義博(ふちべのよしひろ)によって殺められた。
武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛え、明治2年(1869年)2月、明治天皇は護良親王を祀る神社の造営を命じた。7月15日に鎌倉宮の社号が下賜され、7月に東光寺跡の現在地に社殿が造営された。明治6年4月16日に明治天皇は鎌倉宮を行幸、同年6月9日に鎌倉宮は官幣中社に列格した(Wikipedia)。



少し毛色が違う神社かな。鳥居の色合いも珍しい感じだ。







病んでいる所を撫でると身代わりになってくれる。こう言うのは、よくあるものだな。





敷地はとても広くて、庭園など見所満載であった。宝物殿は有料だったのでパスした。
荏柄天神社
9月下旬頃、鎌倉を散策した。鶴岡八幡宮から10分くらい歩いた所に鎮座する荏柄天神社でお参りした。


荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある菅原道真を祀る神社。長治元年(1104年)、創建。源頼朝が鎌倉幕府開府にあたり鬼門の方向の守護社として社殿を造営、さらに徳川家康が豊臣秀吉の命で社殿の造営を行った。明治維新後の神仏分離令で衰退したが、明治6年(1873年)、村社となる(以下、説明はWikipedia)。

本殿(重要文化財) - 三間社流造、銅板葺き。寛永元年(1624年)に鶴岡八幡宮若宮の旧本殿を譲り受け移築したものである。若宮旧本殿は正和4年(1315年)の鎌倉大火の後、翌正和5年(1316年)に建立された。記録によれば、中世、近世を通じてたびたび修理が行われているが、社殿全体が再建された記録はない。移築と度重なる修理を経ているとはいえ、鎌倉地方における中世建築の稀少な遺構の一つである。関東大震災でも被害を受け、幣殿と拝殿は震災以降の再建である。


まずは、長い階段を上がる


とても可愛らしい雰囲気の神社だ









建築物以外では横山隆一などの漫画家が建立し、154人の漫画家によるカッパのレリーフが付けられている絵筆塚。漫画家の清水崑が使用した絵筆が収められているかっぱ絵塚。



推定樹齢900年の大銀杏。



たくさんの銀杏が落ちていたが、拾ってはいけないらしい








荏柄天神社から5分くらい歩いた所にある源頼朝の墓。

現在、墓のあるあたりに、かつては頼朝の持仏堂があり、頼朝の死後は法華堂(ほっけどう)と呼ばれました。墓の層塔(そうとう)は1779年(安永8)に島津重豪(しまずしげひで)により大御堂(おおみどう)から移されたものといわれ、国の史跡に指定されています。明治時代になり、それまでは一緒にまつられることも多かった神と仏を離す神仏分離(しんぶつぶんり)の政策により、1872年(明治5)墓前に白旗神社が建立されました(鎌倉市サイト)。


また階段を上がる




隣に鎮座する白旗神社


なんとも寂れた感じだが、勝運の神様だ


和光市散策
9月上旬頃、和光市付近を散策した。最初に和光市駅から徒歩約20分、新倉氷川八幡神社でお参りした。

由緒は探し出せなかったが、氷川神・須佐之男命(すさのおのみこと)と八幡神・誉田別命(ほんだわけのみこと)が祀られているだろう。七五三等の写真映えがしそうな拝殿である。










そこから30分くらい歩いて、白子熊野神社でお参りした。


白子村の氏神様として栄え、富士塚や湧水のある四季折々の表情を見せる神社(和光市サイト)。熊野神社は、熊野三山の祭神の勧請を受けた神社である(Wikipedia)。





尾っぽが素敵な狛犬さん







隣接している大本山清龍寺不動院でもお参りした。

本能寺の変により織田信長が自害したとき、僅かな部下と共に、大阪の堺にいた家康公は、人生最大の危機を迎え、三重県の伊賀を超え自城の岡崎城への多難な伊賀越えが始まる。この人生最大の危機に瀕した家康公とその一行を救い、三重の白子の浜から船で脱出させてくれたのが、服部半蔵を頭領とする伊賀忍者。恩義を感じた家康公は後に、同じ白子の地名のある、埼玉県和光市の白子一帯を領地として与えた。この地にある名刹の清龍寺不動院を、伊賀忍者は出城として、江戸城の警護に日々出仕していた。また不動院の法主は家康公より多大な石高を下付され、伊賀忍者の監督を行っていた。このような関係で、家康公の生前の命により、二代将軍の秀忠公が当寺院に家康公のご守護神を祀り、以来約390余年の間、歴代住職により日々の灯明を欠かさずお祀りされている(公式サイト)。





洞窟巡りが出来そうだったが、怖かったので止めといた。




和光市の駅から散策したのは初めてだが、以前、よく走っていた幸魂大橋を越えるとそこは和光市で、新倉氷川八幡神社は、この橋を越えて行くルートの方が近い。でも今は、あの橋の前まで行っても、怖くて渡ることが出来なくなってしまった(^^;和光市は、アップダウンが大きくて、隣の板橋区と雰囲気が似ている気がした。