はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 重なる姿 | main | 氷川女体神社 >>
中山神社
3月中旬頃、中山神社でお参りした。中氷川神社とも呼ばれるらしい。


崇神天皇2年(紀元前95年)創建と伝えられ、氷川女体神社と同年代の創建となる。「中氷川」の由来は、氷川神社と氷川女体神社の中間に位置することから付けられたという。社伝では、鎮火祭(後述)の火により「中氷川」の氷が溶け、「中川」の地名になったとされる。天正19年(1591年)徳川家康から社領15石の朱印を受けた。明治40年(1907年)周辺の神社を神社合祀し、鎮座地の中川の「中」と、江戸期の新田開発以来、氏子付き合いを深めてきた上山口新田の「山」を合わせて、中氷川神社から中山神社へ改称した。御祭神は、大己貴命 (おおなむちのみこと) - 大国主の別名(wikipedia)。


第二産業道路を大宮方面へ行く途中にある。鳥居をくぐると、ぐっと空気が変わる感じが好きだ。












第二産業道路は、さいたまシティマラソンで何度か走ったけど、神社があったとは、気付かなかったな。


賽銭箱の横に、置いてあった砂。ありがたくいただいた。



COMMENT