はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 春ドラマ 辛い | main | 塚越稲荷神社 >>
和楽備神社
3月下旬頃、和楽備神社でお参りした。蕨市役所の近くにある。以前、蕨に住んでいた頃には、全く気が付かなかった。そんなことばかりだな。拝殿は、火事に遭い、建替えたそうでとても綺麗だ。


創建から江戸時代までのことは、別当寺を務めた三学院末成就院が廃寺となり、明らかでない。社伝によれば、室町時代に足利将軍家一族の渋川氏が蕨城を築き、その守り神として八幡神を祭ったのが始まりとされる。一方、「世鏡伝記題臨書」によれば、永正8年(1511年)に鎌倉の住人、成田隼人正が祭ったとする。また、本殿に安置された神体(木造僧形八幡立像)の台座に天正11年(1583年)の文字が薄く残されている。江戸時代に蕨宿が整備されると、「蕨八幡」「上の宮」と呼ばれ、中の宮(宮田 氷川社)、下の宮(荒井前 氷川社)と共に蕨宿三鎮守として重きをなした。明治6年(1873年)村社八幡社に列格、国の管理を受ける(wikipedia)。









COMMENT