はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 塚越稲荷神社 | main | 本搾りレモンが不味い >>
池尻稲荷神社
4月の上旬頃、東京・池尻にある池尻稲荷神社でお参りをした。「嵐にしやがれ」にて大野くんが登場した所で、テレビで見てカラフルで素敵な神社だなぁと、そんな理由で行ってみたf^^; 都会なのに人通りが少なく静かなので、ロケ向きな感じだ。





池尻稲荷神社は、今から350年前の明暦年間(江戸時代の初期)に旧池尻村・池沢村の両村の産土(うぶすな)神(がみ)として創建鎮座になったもので、それより村の共同生活と信仰の中心として現在に至りました。俗信仰としては、古くから「火伏せの稲荷」、「子育ての稲荷」として霊験あらたかと伝えられております。

世にお稲荷様と申し上げている稲荷神社は宇迦之(うがの)御魂(みたまの)神(かみ)《倉稲魂神とも記載する》をお祀りしたものです。今から約1,300年前の昔、和銅4年の2月初午の日に京都伏見の地に稲荷神社が鎮座したのが始まりです。この神は「稲がなる」イナリの別名が示すように五穀の成育や全ての産業を育成する広大な御神徳のある神ですから、あらゆる人々の信仰をうけ、全国各地の神社や邸内に祀られています(公式サイト)。



池尻大橋駅から玉川通りを渋谷ではない方(三軒茶屋の方)へ歩いていくと、突然ドーンと現れる鳥居。真下から撮影した。



わたくしの撮影能力で、カラフルさを表現出来なかった。






COMMENT