はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 春ドラマ 枯れてしまう | main | ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス >>
豊川稲荷
4月下旬頃、仕事へ行く前に、東京・赤坂にある豊川稲荷でお参りした。たくさんの神様がいらして、ふらっと立ち寄って、お参りを終える事は不可能であった。ここだけで、七福神巡りも出来た(写真は不掲載)。毎回言っている気がするけど、こんなに凄いとはね・・・!また、お参りに行きたい。




豊川稲荷東京別院(とよかわいなりとうきょうべついん)は、東京都港区元赤坂にある曹洞宗の寺院である。豊川稲荷 妙厳寺(愛知県豊川市)の、唯一の直轄別院(飛び地境内)である。大岡越前守忠相が豊川稲荷から吒枳尼天(だきにてん)を勧請し、屋敷稲荷として自邸で祀ったのを由来とする。また明治以降の赤坂は、料亭や芸者などが集まる花柳界が発展し、芸道を生業とする人々からの信仰も増えた。現在も、ジャニーズ事務所所属タレントをはじめ、著名な芸能人、スポーツ関係者からの信仰を集めていることでも知られ、2月の「節分会」には各界有名人も多数参加する(wikipedia)。
















「叶稲荷」は縁切り専門の稲荷。あらゆる悪縁を断ち切るとされる。




びっしりと掛けられた絵馬に、縁切りの思いが重い・・・。






「融通稲荷」では10円の融通金を自由に持って返ることができ、1年後(または願が適った時)に利子を付けて返納する。





融通金をいただいた。








きつねさんが・・・!







お賽銭だけでなく、お供え物(お団子ようなもの?)を供えて、
熱心にお参りをする若い女性が何人もいた。

COMMENT