はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 上映前の楽しみは | main | 振込み >>
浅草神社
4月下旬頃、亀戸天神で藤の花を観賞した後、浅草まで散策した。浅草神社でお参りをした。



浅草神社(あさくさじんじゃ)は、東京都台東区浅草の浅草寺本堂右隣にある神社である。通称に三社権現(さんじゃ ごんげん)、三社様(さんじゃ さま)。5月17日の例大祭は三社祭という。社伝によれば、推古天皇36年(628年)、檜前浜成・竹成の兄弟が宮戸川(現在の隅田川)で漁をしていたところ、網に人形の像がかかった。兄弟がこの地域で物知りだった土師真中知に相談した所、これは観音像であると教えられ、二人は毎日観音像に祈念するようになった。その後、土師真中知は剃髪して僧となり、自宅を寺とした。これが浅草寺の始まりである。土師真中知の歿後、真中知の子の夢に観音菩薩が現れ、そのお告げに従って真中知・浜成・竹成を神として祀ったのが当社の起源であるとしている。実際には、平安時代の末期から鎌倉時代にかけて、三人の子孫が祖先を神として祀ったものであると考えられている。ご神体として前述三氏を郷土神として祀っている。明治の神仏分離により浅草寺とは別法人になり、明治元年に三社明神社に改称、明治5年に郷社に列し、明治6年に現在の浅草神社に改称した(Wikipedia)。




報道とかで、見聞きしてはいたが、浅草は外国人の観光客でごった返していた。平日だから・・・とかは、無関係だ。














浅草寺へ。多くの神様にお参りして、写真もたくさん撮ったけど、どれもごった返しているので、アップロードは止めておく(^^;









駅まで、こんな感じなんだ。





人力車の呼び込みが、凄まじかった。


COMMENT