はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 春ドラマ PDF | main | 川越散策 2018春 >>
北鎌倉散策
3月中旬頃、入院している父親を見舞う前に、北鎌倉を散策した。



建長寺でお参りした。

建長寺は鎌倉幕府第5代執権、北条時頼によって1253(建長5)年に創建された、我が国初の禅寺です。開山には宋から高僧、蘭渓道隆を迎え、元号をとって建長寺と名づけられました。建長寺の建っている場所はもともと処刑場であり、地獄谷と呼ばれていました。かつては地蔵菩薩を祀る心平寺というお寺があり、建設が始まった当時、地蔵堂が残っていたことから、建長寺の本尊も地蔵菩薩とされました。1293年、1315年と2度の火災にあったものの、その都度、北条氏によって再建され、鎌倉五山第1位に列して栄えました。1414年、再び火災に遭い、全山が灰燼に帰しましたが、江戸時代に創建当時のようすを再現して再建され、宋朝風の禅寺の様式を現代に伝えています。今は、鎌倉で最も重要な観光名所のひとつとなっています(鎌倉観光 風の旅)。


スケールの大きさに歴史を感じる。わたくしの撮影能力では、全然表現出来そうもない。高校生が座禅研修をしていた。







敷地内の稲荷神社でもお参り。





円覚寺 弁天堂でお参りした。

江ノ島弁財天の加護によって洪鐘の鋳造が完成したと伝えられ、その弁財天を祀るお堂です。北条貞時が洪鐘とあわせて弁天堂を建立し、当山の鎮守としました(公式)。


とにかく、長い長い長い階段を上った・・・・(*_*)










国宝・洪鐘(こうしょう)の写真はいまいちだったので省略ですf^^;


竹林に浮かぶ小さなブドウみたいな花がひらひらしていて、幻想的であった。






北鎌倉周辺は、紫陽花の季節なんかは激しく混むんだろうな。





北鎌倉では無いが、眠っていた写真を記録しておく。



1月中旬頃に、鎌倉を散策した時にお参りした、本覚寺 夷堂。こう言う感じの薄い緑色のドーム型屋根を見かけると引き寄せられるように近づいていき、写真を撮ってしまう。好きなんだよな〜。







1月中旬頃、西浦和に鎮座する御嶽神社でお参りした。以前、足を運んだ時は工事中だったので、やっとカラフルさを堪能出来た。





COMMENT