はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< オリンパスホール八王子 | main | 春だか夏だか >>
七郷神社
3月下旬頃、鳩ケ谷氷川神社でお参りした後、埼玉高速鉄道→JR武蔵野線東川口駅で乗り換えをした。少し時間があったので、google mapで神社検索をして見つけた七郷神社でお参りした。



七郷神社(ななさとじんじゃ)は、明治40年以前は、氷川社でした。神社の創立については、別当であった西光院の火災で記録が焼失したため分かっておりません。別当の西光院が天正元年(1573年)の創立と伝えられていることから同時期に祭られたものと思われます。また、現在戸塚消防分署がある場所から弥生時代の遺跡が出ていることから、神社神道のおこる前からこの場所で祭祀が行われていた可能性もあります。現在の末社(神社の左の社)に祭られているのは、三峰社、獅子社(猿田彦の神)、厳島社、疱瘡社、菅原社、稲荷社の6社です。 明治6年の神仏分離により別当の西光院から別れて村社となり、明治40年には、下立山の神明社、一本木の諏訪社、平沼の厳島社、佐藤の稲荷社、藤兵衛新田の稲荷社、久左衛門新田の天神社の6社を合祀して七郷神社と改称しました(埼玉県神社庁)。




東川口駅から7、8分歩いて、階段を上る。



こちらも桜が美しかったぁ


凛々しい狛犬さん




拝殿


駐車場も桜桜桜







近くに鎮座していた西光院伝福寺でもうろうろとしてみた。


天正元年(1573年)叡雅上人が遊行の砌、この附近に在った大杉の霊異を感じて一庵を結び、杉本坊と称したのが創建の起因であると伝えられる。その後、文禄二年(1593年)再び叡雅上人が留錫し堂宇を 興して青龍山西光院伝福寺と改め、本尊に不動明王を安置された。 中興開山第三世長雅上人寛永年間(1624年)に薬師堂表門、客殿などを建立し、繁栄の基礎を堅固にした。 この頃岩槻城主太田氏の家臣山崎橘安信が館をこの地に移し大檀那となり厚く信仰歸依され法隆をきわめた。以来七堂伽藍を構え門前市をなし、時には徳川将軍日光社参の際には籠をとめ小休止するという。 境内は森寂に沈み、時季折々に草花咲みだれ、木々の間には石像、銅像の仏達ち立ち並び信心深き老若男女の参詣がたえることがない(公式サイト)。





弁財天 七福神の石像が並ぶ



桜が美しく、様々な石像、銅像がいらして、かなり興味深かった。時間が無くて全てを堪能出来なかったので、また訪ねてみたい。

















COMMENT