はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< ベジタブルマラソン 2018 | main | 東慶寺 >>
文蔵神明社
4月中旬頃、荒川方面に向かってウォーキングしていた時に、樹木が生い茂っている一角があったので、なんなく覗いてみると、神社らしき建物を発見した。文蔵神明社であった。この辺りは度々歩いているのだが、気が付かなかったな。



本殿は江戸時代の神明造りと言われています。神明社の主御祭神は「タギリヒメノミコト」「タギツヒメノミコト」「サヨリビメノミコト」の三女神です。五穀豊穣、家運隆昌、交通安全などを祈る崇敬心より祭祀されています。この三女神は天照大神に由来しているようで、境内には天照大神が祭神の伊勢神社をお参りした伊勢溝の記念碑が多数あります(武蔵浦和ナビ)。


斜めになってしまったが、白く美しい鳥居。


拝殿








お稲荷さん


不動さん




御嶽さん




白山さん







多くの神様がいらして、きちんとされている様子であった。静かで素敵な空間であった。近頃、山林でもないのに、樹木が生い茂っている所があると、とりあえず覗いてみるようにしている。大体、公園か空家だが、神社やお寺が鎮座している事も多い。


鎮守の森というのは、かつては神社を囲むようにして必ず存在した森林のことで、杜の字をあてることも多い。「神社」と書いて「もり」と読ませている例もあり古神道から神社神道が派生したことがうかがえる(Wikipedia)。
COMMENT