はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< ラッシュ | main | 目黒散策 >>
目黒不動尊
4月末、出勤前に目黒・大鳥神社でお参りした後、少し歩いて目黒不動尊(瀧泉寺)でお参りした。


泰叡山瀧泉寺(目黒不動)(天台宗)は寛永寺の末寺で、目黒不動尊縁起によれば、「慈覚大師が少年時代、現在の地に宿をとったとき、神人の夢をみた。その後大師が青年になり、唐に留学して、ある日長安の青竜寺を訪れ不動明王を拝んだところ、それが少年のころ霊夢に感じた神人と同じ姿であった。大師は奇異に感じ、帰朝後さっそく不動尊像を彫刻し、これを目黒の地に安置した」とある。目黒不動尊縁起によれば「滋覚大師が大同3年(808年)比叡山に向かう途中目黒で宿をとった。その時、不動明王の夢を見たのでその像を彫り、安置した。それが寺の始まりである。」という。その後大師は天安2年(858年)に堂宇を造営し、自らの手で「大聖不動明王心身安養呪願成就瀧泉長久」を棟牘に記した。そこから寺号を「瀧泉寺」と称するようになり、また、貞観2年(860年)に清和天皇より「泰叡」の勅額を賜わり、山号を「泰叡山」と称するようになった(目黒区サイト)。


ヒロミの話「毎日、ジョギング帰りに目黒不動に寄って、『こんにちは』と手を合わせているんですよ。何も頼み事はしないんですが、神様はそんな僕を見ていてくれて“しょうがねえ奴だけれど、助けてやろうか”って思ってくれてるのかなあと、最近思うんですよ」たしかに目黒不動は日本三大不動の一つとして、厄除けと出世開運に大きなご利益があるパワースポット。ヒロミの再ブレークには、不動明王の後押しがあったようだ(女性自身)。







一番テンションが上がった瞬間、山王鳥居だ!まさか、お寺で出会う事が出来るとは。




狛犬さん なごみ系





本堂 迫力満点だ。




他にも見所満載で、写真もたくさん撮ったけど、このくらいで。





境内には、山手七福神の恵比寿さまが祀られている。




お金を洗いましょう。




恵比寿さま






豊川稲荷







パワーが溢れる広い空間で、ゆっくりと佇みたかったが、いつも時間に余裕が無い(*_*)
COMMENT