はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< ホントに来た | main | ベジタブルマラソン 2018 >>
白金氷川神社
過ぎた話。5月4日に、都心に出る用事があったので、その前に白金に鎮座する氷川神社でお参りした。



日本武尊が東征の折に大宮氷川神社を遥拝した当地に、白鳳時代に創建されたと伝えられている。
江戸時代中期の明和9年(1772年)明和の大火により焼亡し、江戸後期に社殿が再建された。太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)空襲によって江戸後期の社殿が焼亡した。現在の社殿は昭和33年(1958年)に竣工したものである。御祭神は、素盞嗚尊、日本武尊、櫛稲田姫(Wikipedia)。




素晴らしい晴天の昼間だったもので、写真撮影では逆光になってしまい青みがかってしまった。


拝殿




狛犬さん 愉しげな様子に和む。






境内社


建武神社


工事中だが鮮やかだ。




お稲荷さん




狐さん




入口の凛々しい狛犬さん。





立派な鳥居は、青い線がかかってしまった。ブリーチ加工してみたが・・・残念。







こちらでお祭りが催されていた。


覚林寺(かくりんじ)。東京都港区白金台一丁目にある、日蓮宗の寺院。山号は最正山。加藤清正の位牌や像が祀られていることから清正公(せいしょうこう)と通称される。付近の住民からは「清正公さま」と呼ばれ、勝負祈願の寺として信仰を集めている。旧本山は大本山誕生寺。毎年5月4日・5日 - 清正公大祭。清正公像が開帳され、菖蒲の入った勝守りが授けられる(Wikipedia)。


外観



拝殿前から、外まで行列していたので、遠くから手をあわせた。





屋台もたくさん出て、大変な賑わいであった。

COMMENT