はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 春ドラマ ありがとう | main | 小野照崎神社 >>
友罪
映画「友罪」を観た。

あらすじ:ジャーナリストを目指していたが挫折し、生活のため町工場で働くことになった益田(生田斗真)は、同時期に働き始めた鈴木(瑛太)という男と出会う。鈴木は周囲と交流せず、過去を語ろうとしなかったが、同い年の二人は次第に打ち解け友情を育んでいく。しかしあるきっかけから、益田は鈴木が17年前に世間を騒然とさせた連続児童殺傷事件の犯人ではないかと考え……(シネマトゥディ)。



あらすじにある、益田と鈴木を中心に話は進むが、
鈴木の少年院時代に担当法務教官(富田靖子)とその娘の話、
息子が過去に犯した事件と向き合うタクシー運転手(佐藤浩市)の話、
AVへの出演を強要された過去を持つ夏帆の話が、群像劇のようになっている。

たまにさらっと絡んだりするけど・・・益田と鈴木の話をもう少し深く掘り下げて欲しかった。益田(生田斗真)が最後、絶叫していたが、どうも絶叫シーンを見ると心の中で笑ってしまう。





鑑賞後、原作を読んでみた。原作と映画では、かなり設定が変えられている。ここを変えてはダメじゃないか?と言うような重要な部分を変えてしまったのは残念だな。原作では、益田の苦悩は痛い程伝わって来たから。
COMMENT