はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




<< 小野照崎神社 | main | ゴーヤさん、2018 >>
妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III
映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III」を観た。

あらすじ:平田家に泥棒が入り、長男・幸之助(西村まさ彦)の嫁・史枝(夏川結衣)がひそかに貯めていたへそくりが盗まれる。自分の身を心配せずにへそくりをしていたことに怒る幸之助に対し、史枝は不満を爆発させ家を出ていってしまう。家事を担当していた彼女がいなくなり、母親の富子(吉行和子)も体の具合が良くないことから、父親の周造(橋爪功)が掃除、洗濯、炊事をやることになる。しかし、慣れない家事に四苦八苦するばかりで……(シネマトゥデイ)。



家族はつらいよ1、2を鑑賞して面白かったので楽しみにしていた。今回のは、余りにも捻りの無いストーリーで結末が普通過ぎたと思う。それと、やや感覚が古いかな。今時、都会に住んでいる史枝世代、会社員の妻で習い事も出来ずに悩むなんて事は少ないのでは?まぁ、全体的にやや古い雰囲気が売りだったりもするんだろうから、それで良いのかな。

なんだかんだで爺ちゃん婆ちゃんがストーリーの中心になっている方が面白いのかも。



先月末、出勤前に丸の内ピカデリーで鑑賞した。コンサートホールのように2階席があったので、2階席の最後列で観た。割引デーでも何でもない平日の昼間、2階席はかなり高い年齢層の方々で8割方埋まっていた。お年寄って、ちょっこっと笑ったりするネタがあると、それに関していちいち解説する人が多いね。

COMMENT