はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




<< 木枯らし2 | main | 師走 >>
鈴木家の嘘
映画「鈴木家の嘘」を観た。


あらすじ:鈴木家の長男の浩一(加瀬亮)が急逝し、母の悠子(原日出子)はショックで倒れてしまう。浩一の四十九日に父・幸男(岸部一徳)は、娘の富美(木竜麻生)、幸男の妹・君子(岸本加世子)、アルゼンチンで事業をしている悠子の弟・博(大森南朋)と悠子について話し合う。そこに彼女が意識を取り戻したとの知らせが届き、彼らは病室に駆け付けた。悠子から浩一の様子を聞かれ、富美がとっさに博の事業を手伝うためにアルゼンチンにいると嘘をつく(シネマトゥディ)。



富美がとっさについた嘘を誤魔化す為のコメディ作品のようで、実は・・・。二人兄妹で、兄は引きこもり。両親の思いは、兄をどうにかしようとそちらにばかり向かう。しっかり者にならざるを得ない、やるせない妹。主役は妹・富美だと思う。この妹が参加した「身近な人を亡くした人たちが集まって思いをぶつけ合う会」みたいな所にも、「荒らし」のような人がいる現実が、笑えるようで実は重たい。何となくヘラヘラしている悠子の弟・博(大森南朋)、はっきりものを言い過ぎる幸男の妹・君子(岸本加世子)とか、普通に親戚にいそうなおじさん、おばさんな感じで演技は上手い。

COMMENT