はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< らくごカフェ | main | ねことじいちゃん >>
小石川後楽園

2月25日、武道館に行く前に小石川後楽園へ行ってみた。



1629年(寛永6年)、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房が作庭家・徳大寺左兵衛に命じて築いた庭園を、嫡子の光圀が改修、明の遺臣朱舜水(朱之瑜)の選名によって「後楽園」と命名して完成させた。出典は『岳陽楼記』の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」によっており、岡山市にある後楽園と全く同じである。7万平方メートル以上の広大な園内には、蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、ウメ、サクラ、ツツジ、ハナショウブなどが植えられ、四季を通じて情緒豊かな景色が広がる(wikipedia)。



余り時間がなかったので、梅林を目指して歩き、梅を眺めたらすぐに出てしまった。園内を半周したかんじかな。大都会の静かな和み空間だな。



小石川後楽園



梅 白加賀



開運




ぶんご





蓬莱島の赤い祠





東京ドーム ちら見え



スポンサーサイト
COMMENT