はっさくが、気まぐれに思いのたけを綴っているブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




春ドラマ ロボット
フジ月21 貴族探偵 5話

今回は、完結しなかったんだな。

今、原作を読んでいる途中だけど、
相葉くんの雰囲気は、
確かに、原作とは合っている。





フジ火21 CRISIS 6話


出演者がロボットみたいで、
血まみれになったりしないんだな。



TBS火22 あなたのことはそれほど 5話

有島くん以外、坦々としていて、
内容がクズなわりには、
どんよりしない
不思議なテイスト。。


夜はお天道さまは、出ていないからな

って台詞には(笑)



日テレ水22 母になる 6話


なんだか、急に安っぽい話になっちゃったな。
麻子の不幸物語は、もう少しなんか深みのある話に
出来なかったものかね。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」を観た。あらすじ:スター・ロードを自称するいい加減なリーダー、ピーター・クイルを筆頭に、美しき暗殺者のガモーラ、毒舌なアライグマのロケット、樹木型ヒューマノイドで25センチまで再生したグルート、マッチョな破壊王ドラックスのガーディアンズの面々が、新たな危機に直面し、再び強大な敵と立ち向かうことになる様を描く。高慢な指導者アイーシャが率いる黄金の惑星で、小遣い稼ぎの仕事をこなしたガーディアンズ。しかし、ひょんなことからアイーシャを怒らせてしまい、追われる身に。危機に陥った彼らの前に、ピーターの父親だという謎の男エゴが現れるが……(映画.com)。



前作の方が面白かったかな〜。それでも、アライグマと樹木グルートのやり取りだけで十分楽しめるが、出番が少なかった。ピーターの父親エゴ関連の話がつまらない。スタローンは、なんか違ったような。。

IMAX3D鑑賞したから、映像、音声、グルグル回る感は楽しめた。





パイレーツ5の予告映像もIMAXの大きなスクリーンで観られた☆ジョニーの化粧が・・・汗

豊川稲荷
4月下旬頃、仕事へ行く前に、東京・赤坂にある豊川稲荷でお参りした。たくさんの神様がいらして、ふらっと立ち寄って、お参りを終える事は不可能であった。ここだけで、七福神巡りも出来た(写真は不掲載)。毎回言っている気がするけど、こんなに凄いとはね・・・!また、お参りに行きたい。




豊川稲荷東京別院(とよかわいなりとうきょうべついん)は、東京都港区元赤坂にある曹洞宗の寺院である。豊川稲荷 妙厳寺(愛知県豊川市)の、唯一の直轄別院(飛び地境内)である。大岡越前守忠相が豊川稲荷から吒枳尼天(だきにてん)を勧請し、屋敷稲荷として自邸で祀ったのを由来とする。また明治以降の赤坂は、料亭や芸者などが集まる花柳界が発展し、芸道を生業とする人々からの信仰も増えた。現在も、ジャニーズ事務所所属タレントをはじめ、著名な芸能人、スポーツ関係者からの信仰を集めていることでも知られ、2月の「節分会」には各界有名人も多数参加する(wikipedia)。
















「叶稲荷」は縁切り専門の稲荷。あらゆる悪縁を断ち切るとされる。




びっしりと掛けられた絵馬に、縁切りの思いが重い・・・。






「融通稲荷」では10円の融通金を自由に持って返ることができ、1年後(または願が適った時)に利子を付けて返納する。





融通金をいただいた。








きつねさんが・・・!







お賽銭だけでなく、お供え物(お団子ようなもの?)を供えて、
熱心にお参りをする若い女性が何人もいた。

春ドラマ 枯れてしまう


日テレ水22 母になる 5話


柏崎オートのばあばは、
麻子のことを知らなかったんだっけかな?
忘れてしまったf^^;

ナウ先輩は、良い子やのう。




NHK金22 ツバキ文具店 5話


今回のバーバラ婦人の名言


傷付くのを恐れて 
自分の本心を隠しても良いのは
恋のかけひきの時だけよ

本当の心にふたをしていたら
いつか心が枯れてしまうわ



TBS金22 リバース 5話

うーん・・・停滞。





日テレ土22 ボク、運命の人です。 5話

いきなり相撲の回・・・。





TBS日21 小さな巨人 5話

春風亭昇太が視界に入る度、
なんか笑ってしまう。



日テレ日22.30 フランケンシュタインの恋 4話


毎回、布団に生えるキノコの種類が違うので、
フランケンくんの布団をめくる瞬間が楽しみだ。

振込み
アルフィーマニア(ALFEEさんのファンクラブ)の会費を振り込もうかと、忘れないように振込用紙を出しておいた。それを見たタローさんが「え、振込み?カード決済じゃないの?」と、やや半笑い気味で言った。30数年間、何も考えずに振り込んで来たが、今時、カード決済って言うやり方があっても良いかも(^^ゞ でも、振込みの方が、しれっと退会しやすいな。
 
浅草神社
4月下旬頃、亀戸天神で藤の花を観賞した後、浅草まで散策した。浅草神社でお参りをした。



浅草神社(あさくさじんじゃ)は、東京都台東区浅草の浅草寺本堂右隣にある神社である。通称に三社権現(さんじゃ ごんげん)、三社様(さんじゃ さま)。5月17日の例大祭は三社祭という。社伝によれば、推古天皇36年(628年)、檜前浜成・竹成の兄弟が宮戸川(現在の隅田川)で漁をしていたところ、網に人形の像がかかった。兄弟がこの地域で物知りだった土師真中知に相談した所、これは観音像であると教えられ、二人は毎日観音像に祈念するようになった。その後、土師真中知は剃髪して僧となり、自宅を寺とした。これが浅草寺の始まりである。土師真中知の歿後、真中知の子の夢に観音菩薩が現れ、そのお告げに従って真中知・浜成・竹成を神として祀ったのが当社の起源であるとしている。実際には、平安時代の末期から鎌倉時代にかけて、三人の子孫が祖先を神として祀ったものであると考えられている。ご神体として前述三氏を郷土神として祀っている。明治の神仏分離により浅草寺とは別法人になり、明治元年に三社明神社に改称、明治5年に郷社に列し、明治6年に現在の浅草神社に改称した(Wikipedia)。




報道とかで、見聞きしてはいたが、浅草は外国人の観光客でごった返していた。平日だから・・・とかは、無関係だ。














浅草寺へ。多くの神様にお参りして、写真もたくさん撮ったけど、どれもごった返しているので、アップロードは止めておく(^^;









駅まで、こんな感じなんだ。





人力車の呼び込みが、凄まじかった。


上映前の楽しみは
普段、映画鑑賞をする時には、上映開始時間の7分後くらいに着席する。予告映像や広告が長いからだ。でも、近頃は、大野くんの映画「忍びの国」の予告映像が観られるから、上映開始時間には、着席するようにしている(^^ゞ先日、映画「追憶」を観た時の「忍びの国」の予告映像は、前回観た時とは違った。前回は、コミカル大野くん多めだったが、今回は、時代劇風大野くん多めだったきいろいろ観てしまうと、本編を観た時には、何度も観たよなって言うシーンが満載だろうな汗
追憶
映画「追憶」を観た。あらすじ:1992年、冬。親に捨てられた13歳の少年・四方篤は、似た境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶を営む仁科涼子と山形光男のもとで家族のように暮らしていた。しかしある事件をきっかけに幸せな日々は終わりを迎え、彼らは離れ離れになってしまう。25年後、成長して刑事になった篤は、無残な刺殺体となって発見された悟と再会を果たす。そして捜査が進められていく中、啓太が容疑者として捜査線上に浮上し……。篤役を岡田、啓太役を小栗旬、悟役を柄本佑がそれぞれ演じる(映画.com)。





30年前位の設定なのかなと思って見ていたが、スマホで電話をしているから、現代の話しなのか・・・?と。それくらい、漂う雰囲気が古くさい。ここが一番肝だよな、と思われるシーンをいきなり最初に持って来て、衝撃的なオープニング感を出したかったのかもしれないけど、これがわからない方がより謎めいた気がする。子供時代のシーンで、ケイタとアツシが、どちらなのか、わかりにくい。悟を殺した犯人判明も妙にあっさり。主題はここじゃないよって事なんだろうけど。最後、微妙に絡み合った人間関係とそれぞれの思いが余韻を残す。富山の海や夕陽が美しい。





映画を水曜日に観てから、原作をダウンロードして、あっさり読み終えた。原作は北海道が舞台なんだな。


仕事帰りの電車内で読んでいて、思わず泣きそうになったりした。映画の方が良い部分、原作本の方が良い部分、どちらもあったなと思う。

春ドラマ ブーツ
フジ月21 貴族探偵 4話

大人の学芸会的な演出にも
段々と見慣れて来たのか・・・f^^;

今回のストーリーは、
まあまあ面白いと思ったな。


相葉ちゃんの貴族衣装は、いまひとつだ。
特に、ブーツ。普通のレインブーツっぽい。





フジ火21 CRISIS 5話

やっと、新たな展開か・・・。

過去話とリンクするならするで、
少しずつエピソードを差し込むとかすれば良いのに、
唐突なんだよな。





TBS火22 あなたのことはそれほど 4話


お花畑コントから、やっと
ややこしい展開になってきた。
さぁ、どこまでもつれるのでしょうか。


神田明神
4月下旬頃、仕事帰りに秋葉原にある神田明神でお参りした。詳しい事を知らずに訪ねたが、「江戸総鎮守」と言う凄い神社であった(調べてから行けってぴのこ:))。


江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護されました。そして今もなお、東京―神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様として、江戸の素晴らしき伝統文化を保ちつつ、それでいて絶え間なく発展と創造を繰り返す、この東京都心をお守りいただいております。神田明神の氏子町である東京108の町は、江戸と東京の生活や文化が凝縮された町々です。御祭神は、「一之宮 大己貴命」だいこく様。縁結びの神様。天平2年(730)ご鎮座。「之宮 少彦名命」えびす様。商売繁昌の神様。「三之宮 平将門命」まさかど様。除災厄除の神様。延慶2年(1309)にご奉祀(公式サイト)。


とにかく煌びやかだ。周辺に鎮座する摂社まで派手派手であった(写真は無し)。この日は余り時間が無かったから、再度、お参りに行ってみたい。








だいこく様尊像


えびす様尊像